中国輸入ビジネスのセット販売戦略

 

こんにちは、久保です。

今回は、中国輸入ビジネスにおけるセット販売戦略についてお伝えします。

セット販売をすることにより、1つのオリジナル商品として販売することが可能です。

 

 

 

また、単体では利益が取れない商品も、セットにすることにより利益を出すことも可能になります。

さらに、セット販売にすることにより、相乗り出品されることを防ぐことも可能になります。

 

しかし、何でもかんでもただセットにすればいい、というものではないので、
今回の注意点などを確認して正しいセット販売を行って下さい。

 

セット販売の戦略

 

1.「欲しい」と思われる商品をセットにする

まったく欲しいと思わない商品をセットにされても、
購入する側にとっては嬉しくありません。

 

私だったら、「余計なものはいらないから、その分安くしてくれ」
と思ってしまいます(笑)

 

単品同士でも揃える可能性があるものをセットにすることで、
欲しいと思わせることが可能になります。

単品だけ売っているライバルセラーに
差をつけることも可能になります。

 

例えば、スマホケースだったら「保護フィルム」や「画面を拭くクロス」ですね。

 

ウィッグであれば、「ウィッグネット」や「ウィッグスタンド」でしょう。

 

どのような商品を組み合わせればいいかは、商品ページに記載してある、

 

「よく一緒に購入されている商品」

「この商品を買った人はこんな商品も買っています」

 

という部分を参考にして下さい。

関連商品についての記事はこちら

 

2.おまけとセットは違うことを理解する

補完的な要素を持つ商品の組み合わせでなければ、単に「おまけ」です。

また、全く関係ない商品同士の組み合わせは規約違反になります。

 

例えば、水着と防水スマホケースなら関連がありますが、
水着と髪飾りだと、全く関連性がありません。

この場合は、髪飾りは単なる「おまけ」です。

 

セット販売に関する規約を理解し、
関連性のある商品をセットにして販売して下さい。

セット品の規約

 

3.他のセラーが簡単に見つけられないものをセットにする

いくらセット販売を行っても、他のセラーが簡単に見つけられるものなら
意味がありません。すぐに相乗り出品されてしまいます。

 

他のセラーがなかなか見つけられないものをセットにすることで、
相乗り出品を防ぐことが可能になります。

 

例えば、100円ショップなど、日本で売っているものでもいいわけです。

ほとんどの人は、タオバオやアリババの
中国サイトから探しますからね。

 

ただ、そうするとFBA直送は使えません。

FBA直送するなら、中国サイトでセット商品を探すのがベストになります。

 

まとめ

正しくセット販売を行わないと、労力がムダになりますし、
それどころかAmazonの規約違反にすらなります。

 

今回お伝えした内容や、Amazonの規約を確認しながら、
正しいセット販売を行って下さい。




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ