AmazonのFBAマルチチャネルで無地ダンボールで発送してもらう設定

 

こんにちは、久保です。

 

別記事でも解説しましたが、FBAのマルチチャネルサービスを利用すれば、

 

 

 

Amazon以外の販路、例えば、ヤフオク、楽天などで売れた場合にも
Amazonの在庫をFBAから発送する事が可能になります。

 

マルチチャネルの使い方はこちら

AmazonでFBAマルチチャネルを活用する

 

ただ、そのままマルチチャネルで発送すると、
送り先にはAmazonの箱で商品が届いてしまいます。

 

そうすると、「何故かAmazonから商品が届いた」と言って悪い評価を付けられたり、
「Amazonで注文した覚えはない」と受け取りを拒否されてしまうこともあります。

 

そのようなことを避けるためにも、
マルチチャネルを利用する場合は、
無地ダンボールで送ってもらうよう設定しておきましょう。

 

無地ダンボールで発送してもらうためにやること

 

マルチチャネルで無地ダンボールを使用して送ってもらうためには、
Amazonに申請が必要になります。

 

ただ、FBAの納品先によっては無地ダンボールの指定ができない場合があります。

 

現在、無地ダンボールを指定可能なのは、
以下のFBA倉庫になります。

 

川越(NRT5)
小田原(FSZ1)
市川(NRT1)
川島(HND3)
大東(KIX2)
八千代(NRT2)
堺(KIX1)
多治見(NGO2)
鳥栖(HSG1)

 

その時によって、指定可能なFBA倉庫は変更になっている場合があるので、
申請前にテクニカルサポートに問い合わせてみて下さい。

テクニカルサポートへの問い合わせ方法はこちら

 

無地ダンボール発送の申請は、以下の項目を記載して、

jp-fba-mcf@amazon.com

へメールを送信して下さい。

不安であれば、これもテクニカルサポートに問い合わせてみて下さい。

 

メールに記載する項目はこちらです。

 

件名:無地ダンボールの利用申請

本文:

①出品者様の正式名称

ショップ名:[ここにあなたのショップ名を記入]

②セラーセントラルにご登録いただいているEメールアドレス

アドレス:[ここにセラーセントラルにログインする時のメールアドレスを記入]

 

まとめ

 

以上が無地ダンボール利用の申請方法です。

これだけで無地ダンボールでの発送が可能になりますので、
マルチチャネルの利用頻度が多い場合は、
申請しておきましょう。

 

ただ、無地ダンボールにしても、
ダンボールに貼られるシールには

送り元:アマゾンジャパン・ロジスティクス(株)

と記載されるんですけどね。

 

送り先が不在の場合も、不在届に

「アマゾンから」と記入されるようです。

 

私は実際にこれで、

「注文していない」と受け取り拒否されたことがあります。

 

その後、ヤマト運輸に直接連絡して、

「久保から、ということで届けて下さい」とお願いしました。

 

無地ダンボールになっても、このようなことは起きますが、
本当にごく稀なことで、他は特にトラブルになったことはありません。

 

Amazonのダンボールで届くよりは全然マシですし、
これを機に無地ダンボールの申請をしてみて下さい。




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ