Googleアカウントを作成してGメールアドレスを取得

googleaccount

今回は、Googleアカウントの作成方法を解説します。

下記の動画をご覧いただき、アカウントを作成して下さい。

 

 

 

 

 

 

Googleアカウントを作成すると、GメールやGoogle Driveなど、
Googleのサービスを利用できるようになります。

 

また、Google ChromeにGoogleアカウントでログインすると、
ブックマーク、履歴、パスワードなどの設定を保存・同期できます。

 

これにより、スマホや他のPCのChromeでも
同じ設定を使用できるようになります。

 

中国輸入を実践していく上で、
便利、というよりむしろ必須と言えるサービスがたくさんありますので、
まだGoogleアカウントを作成していない方は、
ぜひこの機会に作成して下さい。

 

まあ、Gメールを使ってる人も多いと思うんで、
Googleアカウントを既に持ってる人も多いでしょうね。

 

そういう方も、新たに中国輸入専用のアカウントを
作成することをおすすめします。

 

この後、Amazonの出品者アカウントを作成することになります。
また、中国商品を買い付ける際の代行会社とのやりとりも
メールで行う場合があると思います。

 

普段使ってるメールでもいいんですが、
Amazonからの連絡、購入者からの連絡などが送られて来ますので、
それらが埋もれてしまわないためにも。

 

または、プライベートのメールが、
中国輸入関係のメールで埋もれないためにも。

 

また、Gメールの他に
中国輸入に非常に便利なサービスをいくつかご紹介します。

 

  • Google Drive

インターネット上のサーバーにデータを保存するサービスです。

 

例えば、下の画像のように、スプレッドシートと呼ばれる、
エクセルのようなものをブラウザ上で使うことができます。

 

spreadsheet

 

これにより、例えば将来的に外注さんを雇うことになると思うんですが、
リサーチしてもらった結果や、利益を計算してもらった結果など、
色々な情報を共有できます。

 

また、外出先でスマホや別のPCからも
データを見たり編集することができます。

 

データをエクセル形式で自分のPCに保存できたり、
その逆に自分のPCにあるエクセルを取り込むこともできます。

 

  • Youtube

Youtubeに動画をアップロードできるようになります。

 

外注さんへ何かの作業手順を説明するのに、
一度動画を撮っておけば、何度も同じことを説明する必要もありません。

 

また、仮に外注さんに逃げられて(笑)、
新たに外注さんを雇った場合も、それを見せるだけです。

 

エクセルやワードなどでマニュアルを作るより、
自分が操作する様子を動画で撮るだけの方が、
作成の手間や時間を大幅に短縮できますよね。

 

このように、いろいろなGoogleのサービスが、
中国輸入の効率化を手伝ってくれるんです。

 

しかも無料ですからね、使わない理由はありません。
ぜひ有効活用させてもらいましょう。




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ