ヤフオク無在庫用ツールに禁止キーワード機能が追加

こんにちは、久保です。

 

ヤフオク無在庫用のツールに、

新機能が追加されました。

 

禁止キーワード機能です。

 

これで、さらに短時間でサクサク大量出品が可能になります。

 

ヤフオク無在庫用ツールに追加された禁止キーワード機能

 

今回追加された禁止キーワード機能とは

 

禁止キーワードとして登録したキーワードが、

Amazonから取り込んだ商品情報の

「商品タイトル」または「商品説明」に含まれている場合、

 

その商品をエラーとして出品しない、

というものです。

 

ヤフオク無在庫を実践する上で、商品タイトルや説明に、

含まれていると好ましくないキーワードがあります。

 

例えば、

 

「返品はAmazonカスタマーサービスまでお願いします」

→ Amazon

 

「○○ショップの1年保証付」

→ 保証

 

「商品についてのご相談は、当ショップのサポートまでお願いします。」

→ サポート

 

など。

 

そういうキーワードを

禁止キーワードとして登録しておきます。

 

そうすることで、禁止キーワードが含まれている商品は、

エラーとなって出品しないように出来るわけです。

 

禁止キーワードを登録する

 

禁止キーワードは複数登録できます。

改行して1行に1つのキーワードを登録します。

 

 

 

Amazonの商品を登録して出品登録する

 

禁止キーワードを登録したら、

あとはASINからAmazonの情報を取得して

出品していくだけです。

 

この時、禁止キーワードが

商品タイトル、商品説明に含まれている商品は、

エラーとなり出品登録できないようになっています。

 

 

この機能によって、

好ましくないキーワードが含まれていないものだけを

効率よく出品していくことが可能になります。

 

登録した商品を全部、

1個1個見て行くのも大変ですしね。

 

まあ、中には好ましくないキーワードが含まれていても、

「めんどくせー!!そんなの別にどうでもいい」

って感じでガンガン出品している強者も知ってますけどね(笑)

 

でも、長期的に考えると、

やっぱりそういうキーワードは

削除、修正しておいた方が好ましいです。

 

エラーになった商品を出品したい場合

 

禁止キーワードでエラーになった商品も、

もちろん出品できます。

 

編集画面で禁止キーワードを削除または修正して、

出品登録すればいいだけです。

 

 

 

 

まとめ

 

このツールは、ヤフーショップとヤフオクで利用できるんですが、

ヤフーショップの場合は前から禁止キーワード機能がありました。

 

ヤフーショップにあって、なんでヤフオクに無いんだ!!

と思ってましたが、ヤフオクにも追加してくれました。

 

このように、このツールは

こまめに機能が追加されてバージョンアップして、

どんどん使いやすくなっています。

 

ぜひあなたも利用してみて下さい。

 

その他ツールの機能の紹介、利用申し込みについてはこちら

ヤフオク無在庫用ツールの概要

 




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ