ヤフオク無在庫用ツールにオークタウンなど他ツールのデータ移行が可能になりました

こんにちは、久保です。

ヤフオク無在庫用のツールがバージョンアップしました。

今回のバージョンアップにより、ほんとに使えるツールになったな、と感じています。

今回のバージョンアップでは、CSVファイルの出力と取り込みにおいて、

Amazonとの連動が可能になりました。

 

CSVファイル出力と取り込みがAmazonと連動可能になった

 

このツールには以前から、

 

・登録してあるデータをCSVファイルで出力する機能

・CSVファイルでデータを一括登録する機能

 

はありました。

 

ただ、Amazonと連動してなかったんですよね。

なので例えば、

 

オークタウンのデータをこのツールに移行したい。

 

このような場合、データの移行は出来たんですが、

移行した後にAmazonと連動させることは出来ませんでした。

 

Amazonと連動して在庫を監視して、

設定した利益以下になったり、在庫が無くなった場合は自動で出品を削除、

在庫が復活したら自動で再出品。

 

このようなことが出来なかったんですね。

 

このツールのウリでもある、

Amazonと連動して自動で再出品、出品削除

 

これが出来なければ、このツールで自動出品する意味がありませんからね。

 

この辺りが不便だなー、と思ってたので

結構しつこく何回もツールの提供元に

「CSVファイルもAmazonと連動出来るようにしてくれ」

と要望を出し続けていました。

 

そしてやっと、この機能が実現されました。

 

CSVファイルの出力

 

商品登録管理画面で、CSVファイルでデータを出力した商品にチェックを付けます。

 

 

Excel出力ボタンを押します。

 

 

 

保存先を選んでファイルを保存すると、

products.zipという圧縮ファイルが保存されます。

 

これを解凍すると、画像とCSVファイルが格納されています。

 

 

 

item_amz.csvファイルには、Amazonから取得したデータが出力されています。

何に使うのか、私もよく分かっていません。

 

実際にオークションに出品されるデータは、

item.csvファイルに出力されています。

 

このように先頭列に、AmazonのASINコードが出力されています。

 

 

 

このファイルはどのように使うのか?

主な例を以下にあげます。

 

アカウントが停止した場合、新しいアカウントへデータを移行する

 

このツールで運用しているヤフオクのアカウントが停止になり、

そのアカウントが復活できなかった場合、

新しいアカウントで運用することになります。

 

そのような場合、これまではデータは移行出来ましたが、

移行した後にAmazonと連動し、在庫を監視しながらの

自動再出品、自動出品削除は出来ませんでした。

 

そうすると、このツールで出品を行う意味がほとんどありません。

 

でも今回のバージョンアップにより、CSVファイルにASINも出力されます。

なので、データを新しいアカウントに移行した後も、

Amazonと連動して在庫を監視しながら、

自動再出品や自動出品削除が可能になりました。

 

他のツールでデータを使う

 

このツールで登録したデータを、他のツール、

例えばオークタウンなどで使いたい場合、

ASINも出力されるので、管理が楽ですよね。

 

これまでは、データの移行だけは出来ましたが、

また新たにAmazonの商品ページからASINを拾ってきて

紐付けを行う必要がありました。

 

CSVファイルでの一括登録(オークタウンなどからの移行)

 

オークタウンなど、他の出品ツールを使っている場合、

CSVファイルからデータを移行することが出来ます。

 

これまでは、データの移行は出来ましたが、

移行した後にAmazonと連動し、

在庫を監視しながらの自動再出品や自動出品削除は出来ませんでした。

 

今回のバージョンアップによって、

その問題点も解決しましたね。

 

移行の方法は、

オークタウンから移行したい商品を

CSVファイルでダウンロードします。

 

 

 

ダウンロードする時、ファイル名は必ず

item.csv

にして下さい。

(別のファイル名でダウンロードし、後で変更しても大丈夫です)

 

 

 

 

オークタウンのファイルは、そのままだと自動出品ツールに移行出来ないので、

少し編集する必要があります。

 

どのように編集すればいいかは、

このツールで出力したファイルを見て、

そのファイルと同じ項目にして下さい。

 

簡単に言うと、

 

ASIN

銀行振込

銀行ID1 ~ 銀行ID10

はこBOON関連の項目

発送元店舗

 

これらの項目を追加すればOKです。

※今後、仕様は変更になる可能性もあります。

 

ファイルを編集したら、

ファイルを右クリック → 送る → 圧縮(zip 形式)フォルダー

でzip形式のファイルに圧縮します。

※上記はwindows7の場合。

 

 

 

 

 

ツールの商品登録管理画面で

一括登録ボタンを押します。

 

 

 

一括登録画面で圧縮したitem.zipファイルを選択して、

データを取り込みます。

 

 

 

商品が登録されました。

あとはこの商品を出品します。

 

 

 

まとめ

 

これまで、結構な数の問い合わせがあったんですよね。

一番多かったのは、

「オークタウンでヤフオク無在庫やってますが、データを移行できますか?」と。

 

「移行は出来ますけど、その後のAmazonの在庫監視と連動した再出品などは出来ません」

と答えてました。

 

その結果、このツールを使うのを見合わせる方もかなりいました。

 

でも、今回のバージョンアップで、

そのような方にも使っていただけるツールになりましたね。

 

その他ツールの機能の紹介、利用申し込みについてはこちら

ヤフオク無在庫用ツールの概要




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ