中国輸入ビジネスで安く仕入れるためには

 

こんにちは、久保です。

今回は、中国輸入ビジネスで商品を安く仕入れるために、意識しておくべきことをお伝えします。

同じものを仕入れるなら、少しでも安い方がいいに決まっています。

 

 

 

できるだけ安く仕入れて、できるだけ高く売る。

安く仕入れるために、以下のことを意識していきましょう。

 

商品を安く仕入れるには

 

・価格交渉をしてもらう

代行会社やパートナーに、商品を購入する際は価格交渉を行ってもらいましょう。

まあ、何も言わなくとも交渉してくれる代行会社やパートナーがベストなんですけどね。

 

ただ、1度にある程度の数量を購入しないと、交渉しても値下げしてくれない部分もあります。

なので、売れると分かった商品は、資金と相談してなるべく多く購入するのがいいです。

 

・同じショップで何度も購入する

売れると分かった商品は、同じショップで何回も購入していると、安くしてくれることが多いです。

 

なので、よほど対応が悪い、他にもっと安いところを見つけた、そのショップが扱っているものは品質が悪い、というようなことがなければ、基本的には同じショップで購入するのがいいと思います。

 

・より安いところで購入する

同じ商品でも、売っているショップによって価格は違います。

 

例えば、以下の商品ですが、タオバオでは39.9元で売っています。

 

 

 

アリババだと55.9元で、しかも3個以上からの購入になります。

 

 

 

このように同じ商品でも、タオバオとアリババで価格が違います。

※通常はアリババの方が安いのですが、商品によっては今回のようにタオバオの方が安いこともあります。

また、同じタオバオ内でもショップによって価格が違います。

 

 

 

購入する際は、ショップの評価も関係してくるので、
評価も気にしつつ、その中で一番安く売っているところを探して購入して下さい。

 

・上流から仕入れる

物の流れは

 

工場

商社

卸業者

小売店

消費者

 

となっています。

 

上流から仕入れるほど、安くなります。下流に行くほど、マージンを取られて高くなるからです。

ただ、上流から仕入れるには、ある程度大量の注文が必要とされますので、当然資金も必要となってきます。

はじめのうちは難しいと思いますが、資金に余裕が出てきたら検討してみて下さい。

 

まとめ

売上を伸ばすことが攻めなら、支払いを少なくすることは守りになりますかね。

 

結構攻めは意識するけど、守りの方は全然、という人がいます。

 

売上があがっている割には、ちゃんと計算すると利益が全然出ていない、ということになってしまいます。

 

そうならないよう、支払いはなるべく少なく済むようにしていきましょう。




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ