Amazonのアカウント停止または閉鎖になる原因 – 規約編

 

こんにちは、久保です。

今回はAmazonのアカウントが停止になる原因をお伝えします。

いくら稼いでしたとしても、アカウントが停止になれば一瞬で収入ゼロになってしまいます。

 

 

 

そうならないよう、気を付けるべき点を記載しましたので、細心の注意を払いながら販売して行きましょう。

今回は、規約違反が原因のものをご紹介します。

 

規約違反による停止

 

・偽物を販売する

 

偽物を販売した場合、アカウント停止になります。それ以外にも、法的に処罰を科せられる場合もあります。

 

タオバオなどの中国のショップで売っているブランドものは、200%偽物だと言われているので、
ブランド品やメーカー品は絶対に購入しないで下さい。

 

また、ブランド品やメーカー品でないとしても、

商品ページの画像や説明と違うものを販売することも、アカウント停止になる場合があります。

 

・複数アカウントで販売する

 

Amazonでは複数のアカウントで出品することが禁止されています。

 

厳密に言えば、別事業体であればよい、とテクニカルサポートに聞いたことはありますが、
その別事業体の判断が難しいです。

 

法人でアカウントを運営している方が、個人でアカウントを作るのは、
別事業体になるのでよいとは聞きました。

 

ただ、かなり前に聞いたことなので、上記のような感じでアカウントを作成しようと思っている方は、
念のためにテクニカルサポートに問い合わせて下さい。

 

いずれにせよ、同一ネット回線、同一パソコンで複数のアカウントを作成して
ログインするような事は止めておいた方が安全です。

 

複数アカウントをリスクなく作成する方法はありますが、それはまた別記事ででもお伝えします。

 

・商標権の侵害

 

相乗り出品を行う場合には商標権に注意して下さい。

 

必ずアカウント停止になるわけではないようですが、
非常に危険な行為であることは確かです。

 

商標権を侵害しないためには、以下の記事を参照して下さい。
中国輸入ビジネスで商標権を確認する方法

 

まとめ

 

アカウントを守るためにも、
これらのことは、絶対に違反しないようにして下さい。

規約違反の他に、アカウント健全性が原因になる場合もあります。

別記事でお伝えします。
Amazonのアカウント停止または閉鎖になる原因 – アカウント健全性




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ