出品アナライザーでヤフオクのアクセス情報を解析

 

こんにちは、久保です。

今回は、「出品アナライザー」という、ヤフオクのアクセス情報を取得するツールについてお伝えします。

 

 

 

 

自分が出品している商品のうち、

・アクセスが多いもの

・ウォッチリストに登録されているもの

・アクセスが全然集まらないもの

 

などを分析することが可能になります。

無料のツールなので、ぜひ利用して売り上げのアップに役立てて下さい。

 

出品アナライザーの使い方

まず、出品アナライザーをダウンロードして下さい。
ダウンロードはこちら

 

ダウンロードしたら圧縮ファイルを解凍して、
中に格納されている「Analyzer.exe」というアプリケーションファイルをダブルクリックして下さい。

 

 

 

出品アナライザーが起動しますので、メニューの

アカウント – ログイン

から、ヤフオクにログインして下さい。

 

 

ログインしたら、「オークション情報を更新」をクリックして下さい。

 

 

 

ヤフオクに出品している商品情報が一覧で表示されます。

 

 

 

入札数、アクセス数、ウォッチリスト登録数、開始・終了時間、オークション終了までの残り時間

などが表示されます。

 

列の見出しの部分をクリックすれば、クリックした項目で、
データを昇順、降順に並び替えることができます。

 

開始価格をクリックすると、開始価格の降順で並び替え

 

 

 

もう1度開始価格をクリックすると、開始価格の昇順で並び替え

 

 

 

取得したデータはCSVファイルで保存しておくことも可能です。
Excelで開くことができるので、並び替えはもちろん、フィルターを使って必要な情報を分析できますね。

 

まとめ

売れない商品は、そもそもほとんどアクセスがないのか?
アクセスがないとしたら、商品タイトルを変更してみる。

 

十分なアクセスはあるが売れない場合。
出品価格を安くしてみたり、商品画像をもっと魅力的なものに交換したり、
商品説明を修正してみる。

 

など、分析した結果をもとに、売り上げアップにつなげていって下さい。




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ