AMZ Seller Browserで中国輸入ビジネスのリサーチを効率化


こんにちは、久保です。

中国輸入ビジネスのリサーチに役立つGoogleクロームの拡張機能をご紹介します。

「AMZ Seller Browser」という拡張機能になります。

 

 

 

 

この拡張機能はWebブラウザ、Googleクローム用の拡張機能なので、Googleクロームを使っていないと利用出来ません。

 

Googleクロームをまだ導入してない方は、導入しておいて下さい。
クロームの追加はこちら

 

AMZ Seller Browserの使い方

 

まず、Chromeウェブストアにアクセスし、AMZ Seller Browserをダウンロードして追加して下さい。

Chromeウェブストア

 

「CHROMEに追加」をクリックして追加します。

 

 

 

 

これでAMZ Seller Browserの追加は完了です。

 

AMZ Seller Browserをインストールすると、Amazonの検索結果などに赤枠で囲った部分の表示が追加されます。

 

 

ランキングなどが表示されていますね。

これで、いちいち商品ページを1つずつ確認しなくても、各商品のランキングが分かります。

リサーチの基準にしているランキング以上のものだけ、商品ページを確認すればいいわけです。

 

その他にも以下の機能があります。

 

・BSR History

BSR Historyの部分にマウスカーソルをあてると、ランキング変動のグラフが表示されます。

このランキング変動を見れば、たまたま売れてランキングが高いだけなのか、常に売れている商品なのかを把握することができます。

 

 

 

・Price History

Price Historyの部分にマウスカーソルをあてると、価格変動のグラフが表示されます。

常に一定の価格で売れているのか、価格崩壊を起こして値下がった結果、現在の価格になっているのか、把握することができます。

何度も値下がりが起きているような商品であれば、出品は止めた方がいいと思います。

 

 

 

・Brand

Brandの部分にマウスカーソルをあてると、同じブランド名で登録されている商品が表示されます。

売れる商品であれば、同じブランド名で販売されている他の商品にも、売れるものがある可能性があります。

関連商品のリーサーチとして、確認してみて下さい。

 

 

 

 

このAMZ Seller Browserは、各セラーの商品一覧でも利用可能です。

セラーリサーチも大幅に効率アップすることでしょう。

 

 

まとめ

AMZ Seller Browserを導入すると、いちいち商品ページを開かなくてもランキングなどが分かるので、大幅にリサーチが効率アップします。

まだ導入してない場合は、ぜひ導入してみて下さい。




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ