Amazonでの疑問点はテクニカルサポートを使いこなそう

こんにちは、久保です。

 

Amazonではテクニカルサポートを使いこなしましょう。

 

当然、Amazonで販売を行う上で必要なことや操作方法は
熟知しているはずです。

 

 

 

ですので、たまに私に操作方法等を質問してくる方がいるのですが、
私にではなく、テクニカルサポートに聞いて下さい。

 

利用も無料です。

 

テクニカルサポートの利用方法

 

セラーセントラルの画面下部にある、

「サポートを受ける」をクリックします。

 

 

画面右に以下のような表示が出てきますので、
「お問い合わせ」をクリックします。

 

 

 

問い合わせ内容に応じて、該当する方を選択します。

一般的には、「Amazon出品サービス」を選択することになると思います。

 

 

さらに、該当する問い合わせ内容を選択していき、

赤枠で囲った、「詳しく説明して下さい」

という部分をクリックして下さい。

 

 

Eメール、または電話のうち、
問い合わせたい方法のタブから問い合わせて下さい。

 

 

 

電話での問い合わせは土日含め、21:00まで可能です。

それ以降は、チャットでの問い合わせも可能になります。

 

電話で問い合わせる場合は、Amazonでの店舗名と
登録した銀行口座、またはクレジットカードの下4桁を聞かれるので、
あらかじめ用意しておいて下さい。

 

電話での問い合わせは、0120-999-373まで直接かけても大丈夫です。

「4」を押すと出品用窓口につながります。

 

ここで、テクニカルサポートを利用する上での注意点を1つ。

 

先程、冒頭で

 

「当然、Amazonで販売を行う上で必要なことや操作方法は
熟知しているはずです。」

と書いたのですが・・・・・

 

中には、間違ったことを平気で伝えてくる担当もいます。

 

担当によって言っていることが全く違う場合もあります。

 

なので、大事な内容の場合は、
2人以上に聞いた方がいいと思います。

 

2人に聞いて、それぞれの言う事が違う場合、3人目に聞く。

 

問い合わせのやりとりは、メールの場合は当然記録に残ります。

電話の内容も録音されています。

 

しかし、テクニカルサポートの間違いが原因で、
何か不利益を被っても、「申し訳ありません」だけで済まされる可能性もあります。

 

特に、規約やアカウント停止につながるような重大な内容の場合、
慎重に確認した方がいいと思います。

 

まとめ

 

Amazonの利用上の不明点は、テクニカルサポートを使い倒しましょう。

 

また、Amazon以外のことでの不明点を調べる場合も同じです。

 

スカイプの使い方、エクセルの使い方など。

グーグルやヤフーで調べれば、すぐに目的のページが見つかると思います。

 

自分で解決できることは、自分で出来るようにしていくことが
非常に大切です。




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ