Amazon用FBA計算機でFBAの手数料計算を効率的に

 

こんにちは、久保です。

今回は、Googleクロームの拡張機能の紹介です。

「Amazon用FBA計算機」という拡張機能ですが、
これを利用することにより、FBAの手数料計算を効率化できます。

 

 

 

当然、リサーチの効率化にもなりますので、
ぜひ利用してみて下さい。

 

Googleクロームが必要なので、
まだインストールしていない方は、
先にクロームをインストールしておいて下さい。

Google Chromeのダウンロードと拡張機能で中国輸入を効率化

 

Amazon用FBA計算機を追加する

Chromeウェブストアを開いて下さい。

Chromeウェブストア

 

左上の検索ボックスに
「Amazon用FBA計算機」と入力してEnterキーを押して下さい。

 

 

「CHROMEに追加」を押せば、FBA計算機がクロームに追加されます。

 

 

 

それでは、実際にAmazon用FBA計算機を使ってみましょう。

この商品を例に使ってみたいと思います。

 

 

 

インストールした拡張機能のFBA計算機を使うには、
Googleクロームの画面右上にある「a」というアイコンをクリックします。

 

 

 

このように計算結果が表示されました。

 

 

 

「製品コスト」には仕入れの金額を入力します。

 

「総FBA料金」がFBA販売の際のすべての手数料です。
出品手数料 + FBA手数料になりますね。

 

「マージンの影響」は手数料をすべて引いた金額です。
FBA料金シミュレーターでいうところの「純利益」に該当します。

 

FBA料金シミュレーターで計算した結果は以下です。

 

 

 

ほんの少しだけ誤差がありますかね。

 

この程度の誤差であれば、良しとして効率化を求めるか、
少しでもズレが生じるのはイヤだからFBA料金シミュレーターを使うか。

 

ここは個人の判断の分かれどころですね。

 

まとめ

上記のように、FBA料金シミュレーターと全く数値が一致する、
というわけではないようですが、
誤差を考慮した上で効率化を求める場合は、使ってみて下さい。




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ