Amazonスポンサープロダクトの設定方法 – オートターゲティング

 

こんにちは、久保です。

今回は、Amazonスポンサープロダクト – オートターゲティングの設定方法についてお伝えします。

 

はじめは分からない部分もあるかもしれませんが、
初めて使うのですから当たり前です。

 

難しいことも無いので、何回かやっているうちに
すぐに覚えると思います。

 

まずは、1つ1つ丁寧に、ゆっくりとやってみて下さい。

 

Amazonスポンサープロダクトの設定方法

 

セラーセントラルのメニューから

広告 – セラー広告

を選択します。

 

 

キャンペーン マネージャーで

「キャンペーンの作成」をクリックします。

 

 

①キャンペーン名

自分で管理しやすい名前を付けて下さい。

外部に公開されることもありません。

例:メンズ財布A オートターゲット

 

②1日の予算

1日の予算の上限を入力します。

 

ここで設定した金額以上は、
広告費として使用されませんので、
予算に合わせて設定して下さい。

 

③開始日
④終了日

広告の掲載を開始する日と、終了する日です。

ここは特に設定せずに、そのままでも構いません。

 

⑤ターゲティングの種類を選択

 

オートターゲティング、またはマニュアルターゲティングを選択します。

 

オートターゲティングの場合、
Amazonが自動でキーワードを選択して広告を掲載します。

 

予算に余裕がある場合は、
オートターゲティングとマニュアルターゲティングの両方を
設定するのもありです。

 

オートターゲティングで拾ったキーワードを、
マニュアルターゲティングに設定して下さい。

 

思わぬキーワードが見つかるかもしれません。

 

以上、①〜⑤を設定したら、

「次のステップに進む」をクリックします。

 

広告グループの作成 – オートターゲティング

オートターゲティングの場合は、

入札額と広告に出稿する商品の設定を行います。

 

 

①広告グループ名

自分で管理しやすい名前を付けて下さい。

広告グループ名も外部に公開されることはありません。

 

②広告に出稿する商品を選択する

出稿したい商品の「選択」ボタンをクリックして、

広告に出稿する商品を選びます。

商品を、商品名、SKU、ASINで検索することも可能です。

 

③選択済み商品

②で選択された商品が表示されます。

1度選択した商品を削除することもできます。

 

④入札額

1クリックあたりに支払う広告費を入力します。

 

この入札額を高く設定している方が、

広告が表示されやすくなります。

 

ただ、クリックされた場合、

必ずこの金額が広告費となるわけではありません。

 

同じキーワードに入札している人が全くいなければ、

入札額を10円に設定しても、1クリックにつき発生するのは1円です。

 

他の人が5円で設定している場合、

最低でも1クリックにつき5円が広告費となります。

 

つまり、同じキーワードを設定している他の人が、

何円で入札しているかによって、クリック単価が変わってきます。

 

はじめは安く設定し、インプレッション数、クリック数を見ながら、

徐々に調整していくのがいいと思います。

 

まとめ

今回はオートターゲティングの設定方法について、解説しました。

別記事で、マニュアルターゲティングの設定方法を解説します。

Amazonスポンサープロダクトの設定方法 – マニュアルターゲティング




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ