amazonの出品アカウント登録

amazon_logo

それでは、いよいよAmazonの出品アカウント登録を行いましょう。

 

Amazonの出品では、
大口出品サービスと小口出品サービス、2つの出品方法があります。

 

結論から言うと、大口出品で登録して下さい。

 

 

 

小口出品は、月額料金が不要な代わりに、
商品成約1点ごとに100円かかります。

 

大口出品は、月額料金が4,900円(税抜)必要となります。

 

1か月に50点以上販売すれば、大口出品の方が得になります。
というより、1か月に50点など、すぐに到達します。

 

そういうわけで、必ず大口出品で登録して下さい。

 

hikaku

大口出品おすすめの理由

上記の小口出品と大口出品の比較表を見て下さい。

 

1.基本成約料が不要

小口出品は商品1点売れるごとに、
基本成約料が100円かかります。

 

大口出品では不要です。

 

毎月50個はすぐに販売出来るようになるので、
結局は大口出品の方が費用を抑えることができ、お得になります。

 

2.販売出来る商品の数が多い

大口出品の場合、小口出品では販売出来ないカテゴリーの商品も
販売することが出来ます。
(申請が必要ですが、簡単な申請です。別記事で解説します)

 

また、自分で商品ページを作成することも出来ますので、
うまく活用すれば、自分だけの商品を独占販売する事も可能です。

 

3.レポートやツールを利用出来る

 

一括出品ツールを使い、商品を大量にまとめて出品することが可能です。
また、ビジネスレポートで売り上げのデータを活用することも出来ます。

 

4.決済方法が多い

 

購入者へ提供出来る決済方法も、大口出品の方が多いです。

 

小口出品者

・クレジットカード
・Amazonギフト券
・Amazonショッピングカード

 

大口出品者

・クレジットカード
・Amazonギフト券
・Amazonショッピングカード
・コンビニ決済
・代金引換
・Edy払い

 

コンビニ決済、代金引換を利用する購入者は結構いますので、
売り上げに差が出てきます。

 

登録に必要なもの

Amazon出品者登録はこちら

  • メールアドレス
  • 銀行口座
  • クレジットカード
  • 電話番号

 

Amazonに出品者登録後、特定商取引法に関する登録が必要になります。

住所や電話番号、責任者氏名など、登録して下さい。

店舗名も必要になります。自身のお店の名前ですので、

納得のいくものを考えて下さいね。

 

副業がバレたくないので、自分の名前を載せることに抵抗がある、
という方もいると思います。

 

まず、バレることはないと思いますが、
どうしても心配な場合は、

  • 家族の名前で登録する
  • 名前だけ平仮名にする
  • ローマ字で氏名を登録する

などしてみて下さい。

 

以上でAmazonの出品者登録は完了です。




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ