中国輸入の仕入れに便利なクレジットカードを作る

credit-card
 

別記事でも書きましたが、中国輸入ビジネスでは商品を仕入れたり、国際送料を支払うため、資金が必要になります。

 
 
 

では資金が無い人は中国輸入ができないのか?

 

というと、そんなことはありません。

 

1つは、資金を作る。
これは別記事の「ハピタスを使ったノーリスクの自己アフィリエイトで資金を稼ぐ方法」
で紹介しました。

 

その他の方法としては、クレジットカードを使うことです。

 

私も中国輸入を始めた時は、全く現金がありませんでしたので、
クレジットカードを使って仕入を行っていました。

 

1か月目から100万円以上の仕入れを行いましたが、
これもクレジットカードがあったおかげです。

 

そのおかげで、3か月目には約30万の利益を得ることが出来たわけです。

 

よく、クレジットカードを持つのが嫌だ、
なんとなく怖い、という方がいますが、
正しく使えばいいだけの話です。

 

包丁も、誤った使い方をすれば危険だけれど、
正しく本来の目的通りに使えば、色々なおいしいものを食べることが出来る、
と、そんな感じですかね。

 

実際、クレジットカードを持っていると、
非常に便利なこと、得することが多いです。

 

特に、カードを使うとポイントやマイルが貯まります。

 

例えば、僕は楽天カードのポイントでは
プロテインや、ちょっと高級な入浴剤などと交換したりしています(笑)。

他にも、ハワイを往復出来るだけのマイルが貯まっている、
などという人もいます。
どうせ同じ金額を使うなら、使った分だけポイント・マイルが貯まった方がいいじゃないですか。
これから中国輸入を始める方は、ぜひ作っておくといいと思います。

 

中国輸入とクレジットカード

中国輸入では、商品代や国際送料の支払いは主に、

 

1.PayPal(ペイパル)決済
2.銀行振り込み

 

のどちらかになりますが、資金が少ない場合は、
クレジットカードを使ったPayPal決済がおすすめです。

 

また、中国人パートナーに商品の購入や日本への発送をお願いするわけですが、
中には日本に銀行口座を持っておらず、支払はPayPalのみ、という方もいると思います。

 

口コミで、非常にいいパートナーということを聞いているのに、
支払方法が合わないばかりに利用できない、というのももったいないですよね。

 

あとは、夜中や休日に何かいいサービスを見つけたとしますよね、
例えば、いいツールがあった、いい教材、コミュニティがあった、など。

 

このような場合、銀行振込で支払う場合、
翌日、または休日明けまでそのサービスを利用出来ませんが、
クレジットカードで支払えば、その場ですぐに利用することが出来るわけです。

 

この差は大きいと思いますよ。

 

クレジットカードの具体的な活用方法

締日の使い分け

カードで決済をしてから、その利用代金を支払うまでの期間を、
出来るだけ長くなるように使って行きます。

 

大抵のカードは、締日の開始日から支払日まで
1か月半~2か月弱の期間があります。

 

複数のカードがあれば、締日を計算しながら、
支払いまでのスパンが出来るだけ長くなるようにすることで、
商品を回転させ資金を増やしていくことが可能となります。

分割決済の利用

カード会社にもよりますが、
2~3回の分割払いの手数料は
不要なところもあります。

分割支払いをうまく使いこなし、
1回払いの時よりも長いスパンで仕入れた商品を現金化する方法です

限度額のアップ

カードには利用できる限度額が決まっています。

さすがに作ったばかりのカードの限度額はすぐにアップ出来ませんが、
ある程度の期間、金額を利用し、過去にカードの支払い遅れ等が無ければ、
限度額の引き上げてもらいましょう。

仕入れる量も増やしていくことが出来ます。

おすすめのクレジットカード

JALカード

楽天カード

漢方スタイルカード

Americanexpress

ANAカード

 

他にもたくさんカードがあるので、
ポイント、マイルを貯めることで、自分にとって得があるカードを選びましょう。

 

どこのカードとは言いませんが、貯まったポイントの使い道が全く無い!!
というカードも私は多数持ってます(笑)

 

ハピタス経由でクレジットカードを申し込むと、
ハピタスから現金のキャッシュバックもあります。

 

ぜひ、そちらも活用してみて下さい。

 

その他

将来的に独立を考えている人は、会社に勤めているうちから
カードは作っておいた方がいいです。

 

というのも、会社勤めを辞め、独立後になると、
カードの審査に落ちてしまうことが多いです。

 

なので、会社勤めをしているうちから、
作れるだけ作っておいた方がいいと思います。

 

年会費無料のカードなら、
しっかり管理しておいて使わなければ、お金がかかることもないじゃないですか。

 

作れるうちにもっと作っておけばよかった!!
とならないようにして下さい。

ただ、作れるだけ作ると言っても、
何社も申し込む、いわゆる「多重申し込み」には注意して下さい。

クレジットカードの審査にとても不利になってしまう要因です。

目安としては、半年に3件くらいと言われていますが、
とにかく、「多すぎないように」して下さい。

 

あと注意点としては、カード会社によっても違いますが、
仕入れに使っていると知られると、
カードを解約させられる場合もあるようなので
注意して下さい。

 

まあ、私は複数のカードを数年の間、個人で毎月こんなに使うか?
という額を使ってきましたが、今のところ何もありませんが(笑)

 

ただ、カードが使えなくなると仕入、売り上げに影響するので、
上記の点は注意して下さい。




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ