カフェで起業、開業して失敗する人が多いようです

こんにちは、久保です。

 

カフェで起業する人が多いようですが、
起業して失敗する人も多いようです。

カフェに限らず、飲食店は開業も多いけど、
廃業も多いようですね。

 

カフェの開業に必要な資金

カフェの開業スタイルは、
主に以下になるようです。

・移動カフェ

・自宅カフェ

・独立店舗カフェ

 

開業に必要な資金の例として、

・移動カフェ → 400万円

・自宅カフェ → 700万円

・独立店舗カフェ → 1,500万円

が大体の目安ということです。

 

一番資金が少ない移動カフェでも、
400万円は必要なんですね。

それでいて、
「3年持つ店は半分」
と言われているそうです。

 

数百万円もかけて開業しても、
うまく行かなかったら、
その分は大損、または借金です。

 

人は死ぬ前に、

○○しておけばよかった

ということを一番後悔するみたいなので、
挑戦することはいいことだと思います。

が・・・

数百万も必要で、
必ずうまくいく保証もないなら、
ちょっとためらってしまいますよね

 

これはカフェに限らず、
ラーメン屋、雑貨屋など
何かしら店舗を持つ場合は同様です。

リスクが高すぎて、
起業したいけどできない、
という人も多いと思います。

 

中国輸入ビジネスはローリスク、ハイリターン

その点、中国輸入ビジネスは
始める時に、何百万円も必要としません。

もちろん、物販なので、
資金が多いほど有利ではあります。

ただ、はじめは数万円もあれば十分です。

実際、数万円程度で始めて、
あがった利益で次の仕入れを行い・・・・・・

ということを繰り返して、
会社員の給料の何倍も稼ぐようになった人が
たくさんいます。

 

再現性の高いビジネスですが、
万が一失敗しても、数万円の損失で済みます。

 

店舗経営で起業する場合と比べて、
圧倒的にローリスクで、ハイリターンですよね。

 

さらに、外注化して仕組みを作れば、
自分ではほとんど作業を行わずに、
稼ぐことが可能です。

私も現在、平均すると
1日に2時間も作業を行いません。

全部、外注さんにやってもらってます。

 

少ない資金から始められ、
自分ではほぼ何もせず、
それでいて会社員の給料の何倍も稼ぐ。

 

とても素晴らしいビジネスです。

 

そして、空いた時間で他のビジネスを始める。

そのビジネスも、ある程度形になったら、
外注化して自動化。

 

このようなことを繰り返して、
トータルの稼ぎも、どんどん拡大していけます。

 

また、複数の収入源があると安心ですよね。

万が一、どれか1つが稼げなくなっても、
全然心配することはありません。

 

「会社勤めの方が安泰だよ」とよく言われましたが、
リストラや倒産で、収入源はなくなります。

また、ブラック企業勤めで、
精神を病み、鬱病になって辞めていった人も
多数います。

 

全然安泰じゃありませんね。

私からしたら、会社勤めの方が
リスクがあり過ぎます。

 

でもほとんどの人が知らない、やらない

中国輸入ビジネスは、素晴らしいビジネスですが、
ほとんどの人が、このようなビジネスがあることを知りません。

知ったとしても、やろうともしません。

 

私は、何人かの同僚には、
「このような稼ぎ方があるよ」と、
中国輸入ビジネスのことを教えました。

でも、誰も試しにやってみようともしませんね。

それでいて、株やFXで大金を失っています。

 

せっかく、世のほとんどの人は知らない、
中国輸入ビジネスの存在を知ることができたのに。

人生を変えるチャンスを得たのに、
本人はチャンスと思ってないんだから仕方ないです。

会社の文句を言いながら、
ずっと会社勤めをしていればいいと思います。

 

まとめ

私は中国輸入ビジネスで、
人生を変えることができました。

 

ノウハウコレクターで、
何をやっても稼げませんでしたが、
中国輸入ビジネスで脱サラできました。

 

自分で稼ぐ力を付けたい、
と思っているのなら、
ぜひやってみて下さい。

 

中国輸入をゼロから始めることができるマニュアルを、
プレゼントしています。

ぜひ活用して下さい。




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ