中国輸入ビジネスで悪い商品レビューへの対処法 – その1


こんにちは、久保です。

今回は、中国輸入ビジネスで悪い商品レビューがついてしまった場合の対処法についてお伝えします。

出品者評価ではなく、商品への評価です。

 

 

 

 

 

また、これは新規出品で販売している商品についての対処法となります。

 

販売したばかりの段階で、いきなり悪いレビューがついてしまうと、
それまで順調に売れていたものでも、ほんとに売れなくなってしまいます。

 

悪いレビューがついてしまった場合は、
今回の方法で対処して下さい。

 

悪い商品レビューがついた場合の対処法

 

対処法は以下の通りとなります。

①その商品ページは諦めて(捨てて)、新しい商品ページを作成する。

②バリエーションを削除して、改めて追加する。

 

順番に見ていきます。

 

①その商品ページは諦めて(捨てて)、新しい商品ページを作成する。

新しい商品ページを作成する時は、
「自社発送」で出品しておきます。

 

新しい商品ページの方で売れた場合は、
古い商品ページの在庫をマルチチャネルで発送して下さい。

 

この場合、古い商品ページの方も悪いレビューがついたとはいえ、
いくつか売れる可能性もあるので、在庫切れにならないよう注意して下さい。

 

なんなら、古いページの在庫は出品停止にしておいてもいいと思います。

 

古い商品ページの在庫が無くなったら、
新しい商品ページの方はFBA販売に切り替えていきます。

 

②バリエーションを削除して、改めて追加する。

バリエーションの青色にはいいレビューがついて、
赤色に悪いレビューがついてしまった場合。

 

赤色のみ、バリエーションから削除し、
改めて赤色をバリエーションに追加します。

 

この時、赤色は自社発送で出品します。

 

売れた場合は①と同様に、
マルチチャネルで発送します。

 

バリエーションから削除すると、
その商品は在庫管理画面に表示されなくなってしまいます。

 

その場合は、FBA在庫管理画面でその商品を探して、
マルチチャネル発送依頼を作成して下さい。

 

 

 

FBA在庫管理画面で検索しやすいよう、
削除したバリエーションのASIN、またはSKUを
エクセルやメモ帳に記録しておいて下さい。
 

まとめ

商品レビューは売れ行きに大きく作用しますので、
悪いレビューがついた時は、今回の方法で帳消しにして下さい。

 

ただ、レビュー内容はしっかりと確認して下さい。

 

内容が、

「箱が無駄に大きい」

「予定日までに到着しなかった」

「自分がイメージしていたものと違う」

などのように商品の品質に関係の無いものなら問題ありません。

 

しかし、レビューの内容が

「すぐに壊れた」

「ペラペラの材料で品質が悪い」

「全く点灯しない」

 

というように、品質に関わるものであれば、
いくら新しいページを作ったり、バリエーションを再登録しても、
結局はすぐに悪いレビューがついてしまうことになります。

 

この場合は、そもそもその商品を今後も扱うのか?
という点から見直してみて下さい。

 

ある程度レビューが溜まった段階になってしまうと、
今回の方法では対処できなくなってしまいます。

その場合は、以下の方法で対処して下さい。

中国輸入ビジネスで悪い商品レビューへの対処法 – その2




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ