Amazonの価格自動設定機能

 

こんにちは、久保です。

Amazonには価格を自動で設定する機能が付いています。

優良ツールと比べると、機能的には物足りない部分はあります。

 

 

 

ただ、Amazonで販売を始めたばかりのうちは、これで十分だと思います。

今回はこの、価格自動設定機能についてお伝えします。

 

価格自動設定機能の使い方

 

セラーセントラルのメニューから

価格 – 価格の自動設定

を選択して下さい。

 

 

 

「開始する」をクリックして下さい。

動画での説明もあるので、そちらも参考にしてもよいでしょう。

 

 

まず、ルールを作成します。

 

 

①ルールの名前は、自分で管理しやすい名前にして下さい。
後から見た時に、どんな設定にしたのかが分かればいいです。

(例)カートボックスと同じ価格

 

②比較対象の価格は以下の2つから選びます。

「ショッピングカートボックス価格」
「最低価格」

FBA販売の商品は、通常は「ショッピングカートボックス価格」を選んでおきます。

 

③実行する価格設定操作では、以下の3つから選択します。

「ショッピングカートボックス価格よりも指定金額分低い価格を維持」
「ショッピングカートボックス価格と同じ」
「ショッピングカートボックス価格よりも指定金額分高い価格を維持」

 

カート価格より低い、または高い金額を選んだ場合は、
低く(高く)する金額を設定します。

 

ただ、ここは通常、

「ショッピングカートボックス価格と同じ」

を選択することになると思います。

 

カート価格より低い金額に設定すると、
無駄な値下げ合戦になる原因です。

 

④商品の比較対象ですが、ここは

「ASINとコンディションが同じすべての商品]

を選んでおくのがいいでしょう。

 

全て設定したら、「保存してSKUを選択」をクリックして下さい。

 

 

次に価格設定ルールを作成します。

自動で価格設定をしたい商品にチェックを付けて下さい。

商品を検索で絞り込むことも可能です。

 

 

商品を選択したら、出品価格の下限と上限を入力して下さい。

 

 

下限は安くなりすぎないように設定して下さい。

他のセラーが赤字になる価格まで値下げした時に、
自分もそれと同じ価格に設定されてしまうためです。

 

また、価格自動設定を使っている、とバレれば、
ワザと値下げされて、大幅に安くなったところを刈り取られます。

 

このようなことを避けるためにも、
下限の価格は、あまり安すぎないように設定して下さい。

 

あまり売れない商品で、赤字価格にしてでも売り切る、
という場合に安く設定するようにしましょう。

 

下限・上限の価格を設定したら、アクションの部分をクリックします。

「価格の自動設定を開始」をクリックして完了です。

 

 

価格の自動設定を停止する場合は、
「変更または停止」から設定して下さい。

 

 

まとめ

とりあえず、無料のこの機能を使ってみて、
もっと細かいルールで価格設定を行いたい場合は、
有料ツールを使ってみて下さい。

 

私はプライスターを使ってます。
価格の自動設定以外にも、在庫管理などにも使えて重宝してます。

プライスターの記事はこちら




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ