中国輸入ビジネスとPL保険

こんにちは、久保です。

今回は、中国輸入ビジネスで入っておいた方がいい保険についてお伝えします。

中国輸入に限りませんが、商品販売を行っていく上で、怖いのは商品が原因の事故です。

 

 

 

 

電源コンセントを使用した製品の事故

バッテリーの発火・爆発

おもちゃによるけが

抱っこひもが切れたら・・・・

 

特に中国製品は、品質がイマイチのものが多いので、
とても不安です。

 

まあ、はじめからそのようなものは扱わない方がいいですが。

 

とはいえ、その他の商品でも、
どのような事故が起こるかわかりません。

 

万が一に備え保険に加入しておいた方がいいと思います。

 

PL保険

有名なのはPL保険ですね。

PL法(製造物責任法)で、商品の欠陥が原因で事故などをおこしたとき、
製造業者が責任をとらなければいけないとなっています。

製造業者だから自分は関係ない、というわけにはいきません。

PL法の適用対象には輸入業者も含まれるからです。

 

PL保険には、商工会議所の会員である中小企業者であれば加入できます。

個人事業者も加入できます。

商工会議所に、PL保険に入りたい旨を伝えれば、
あとはどうすればいいか教えてくれます。

 

ただ、私はPL保険に加入するつもりで調べていたのですが、
その時にもっといい保険があることを知りました。

 

東京海上日動の「超ビジネス保険」というものです。

 

PL保険とは何が違うのか?

 

PL保険は「商品」にかける保険ですが、
超ビジネス保険は「業種」にかける保険

という違いがあります。

 

PL保険の場合、扱う商品が増えると申請が必要になります。

一方、超ビジネス保険の場合、
「インターネットでの販売」そのものに保険をかけることができます。

扱う商品が増えたからと、申請の必要はありません。

 

それであれば、超ビジネス保険の方がいいな、
ということで超ビジネス保険にしました。

 

保険の費用は、売上高によって変わってきますが、
大体、年間で2万円もあれば足りると思います。

 

分割払いもできます。
分割にすれば、月々2千円未満です。

 

まとめ

これくらいの金額で安心を買えると思えば、
全然安いですし、必要経費だと思います。

 

なにかあってからでは遅いですし、
ぜひ検討してみて下さい。

 

超ビジネス保険について、不明点などは
東京海上日動に問い合わせてみて下さい。

ちなみに私は、東京海上日動のまわし者ではありません(笑)




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ