スポンサープロダクトの除外キーワード設定

 

こんにちは、久保です。

スポンサープロダクトを運用していると、アクセスはやたらあるけど、購入に全く結びつかないキーワードが出てきます。

このようなキーワードで広告を表示させても、広告費の無駄になってしまいます。

 

 

 

 

スポンサープロダクトには「除外キーワード」という機能があります。

 

指定した除外キーワードで購入者が検索した場合、広告を表示しないようにできます。

 

今回は、この「除外キーワード」の設定方法についてお伝えします。

 

除外キーワードは、オートターゲティングとマニュアルターゲティングのどちらにでも設定できます。

 

また、キャンペーンへ設定する方法と広告グループに設定する方法があります。

 

キャンペーンへの除外キーワード設定方法

 

除外キーワードを設定したい、既存のキャンペーンをクリックします。

 

 

「除外キーワード」を選択します。

 

マッチタイプを選択し、キーワードごとに改行して入力して下さい。

入力したら、「このキーワードを追加」をクリックして下さい。

 

 

除外キーワードのマッチタイプには2種類あり、

「フレーズ一致除外」と「完全一致除外」から選択できます。

 

 

追加した除外キーワードを取り消す場合は、

取り消す除外キーワードにチェックを付けて、「非掲載」をクリックし、
確認メッセージで「はい」を選択して下さい。

 

 

除外キーワードの設定が終わったら、「完了」を押して終了です。

 


 

広告グループへの除外キーワード設定方法

 

キャンペーンから、既存の広告グループを選択します。

 

 

キーワード → 除外キーワードを選択し、「除外キーワードを作成」をクリックして下さい。

 

 

あとは、キャンペーンへの除外キーワード設定の手順と同じです。

 

除外キーワードの選び方

 

除外キーワードに設定するキーワードですが、
広告の運用結果をもとに選ぶのがいいと思います。

 

マニュアルターゲティングの場合は、

各広告グループに設定しているキーワードごとに、
広告費用、売り上げ、ACoSを確認できます。

 

これをもとに、無駄に広告費がかかっているキーワードを選ぶといいでしょう。

 

 

 

あとは、広告レポートの利用ですね。

このレポートでは、オートターゲティングでどんな検索キーワードで広告が表示されたのか確認できます。

 

 

 

このように各画面やレポートで確認できるデータを活用して下さい。

 

まとめ

売り上げにつながらないキーワードは、そのまま広告を掲載していても、
広告費が無駄になるだけです。

 

除外キーワードに設定して、
無駄な広告費を使わないようにしましょう。




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ