中国輸入ビジネスの新規出品は価格競争がないのか?

 

こんにちは、久保です。

中国輸入ビジネスの基本、相乗り出品は手軽に販売を行えるのが利点です。

一方、価格崩壊が起こりやすいというデメリットを抱えています。

 

 

 

 

では、新規出品はどうか?

結論からいうと、新規出品でも価格競争や崩壊は起こります。

今回はその点について、お伝えします。

 

新規出品の価格競争

 

例えば、以下の商品を見て下さい。

 

 

 

検索結果に同じ商品が3つあります。
もっと見ていけば、さらに同じものがあるかもしれません。

 

この場合、1000円で売っているページと1500円で売っているページがあった場合、
単純に考えて1000円のページの方で買いますよね?

 

全く同じ商品だとしたら、安い方がいいに決まっています。

 

そうすると、1500円で売ってる方も、値下げをしなければいけないことになります。

 

この例では、同じ商品の数はこんな程度ですが、
商品によっては、検索結果に同じ商品が10個くらい並んでいる、というものも(笑)

 

このように新規出品でも、全く同じ商品のページが多数ある、という商品を見かけることはかなりあります。

相乗り出品と違うのは、同じページで売っているのか、違うページで売っているのかだけ。

 

新規出品でも価格競争がないわけではないんです。

 

なので、新規出品を行う場合は、他に同じ商品が多数売られていないか、
ということも確認してから、出品する必要があります。

 

まあ、自分が先に出品した後に、どんどん同じ商品が増えることもありますけどね。

 

このように、他に同じ商品が多数ある場合、

 

・商品を補完する別の商品とセットで販売する

・画像をプロの撮影業者に依頼して、画像で差別化を図る

 

などの対策を行うことによって、他の商品より高い価格でも
自分のところから購入される、という状況を作ることも可能です。

 

まとめ

 

安易に「相乗りではもう利益が取れない。新規出品の方がいい」と言う人もいますが、
このように新規出品でも価格競争は起こるということは、理解しておいて下さい。




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ