Amazonとヤフオクのメリットとデメリット

 

こんにちは、久保です。

「Amazonとヤフオクのどっちを利用すればいいか」と悩んでいる方が多いようです。

 

 

 

結論からいうと、最終的には「どっちも利用しましょう」という答えになります。

 

どちらか1つしか使ってはいけない、という決まりはありません。
逆にいうと、どちらか1つしか使わないのはもったいないです。

 

中国輸入ビジネスを始める時は、同時に2つを利用する必要はありませんが、
最終的には両方利用した方がいいと思います。

 

Amazonのメリットとデメリット

 

・Amazonのメリット

Amazonのメリットとしては、まず、初心者でも簡単に販売を始められ、
ある程度の自動化の仕組みを最初から構築できることです。

 

FBA販売を行えば、在庫管理もAmazonの画面でできますし、
注文が入った場合の梱包・発送、返品対応など、全てAmazonがやってくれます。

 

副業で始める方が多いでしょうから、会社に行ってる間も、
商品の発送を気にしなくて大丈夫です。

 

夜遅くに帰ってから、発送作業を・・・なんて心配も不要です。

 

私は以前、古本せどりを行っていましたから、
自分で発送する大変さを経験しています。

 

それが嫌で挫折する人も多いと思いますので、
その部分をAmazonに任せられるというのは、やはり大きいです。

 

外注さんを雇う場合のように、作業手順を教えたりする必要はありませんからね。

 

・Amazonのデメリット

デメリットとしては、価格崩壊が起こりやすいということでしょうか。

Amazonの価格は、他販路での販売価格と比べても、かなり低価格だと思います。

 

実際、Amazonよりある程度高く売っても、ヤフオクやメルカリで
普通に売れていきますからね。

 

新規出品すれば、価格崩壊は起こらないんじゃないの?
と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

 

それについては、こちらを参照して下さい。
中国輸入ビジネスの新規出品は価格競争がないのか?

 

ヤフオクのメリットとデメリット

 

・ヤフオクのメリット

ヤフオクのメリットは、Amazonのように「価格崩壊に巻き込まれない」という点でしょうか。

同じ商品を扱っている人が他にいても、価格を比較せずに入札することも多いようです。

Amazonで売っているものと全く同じ商品で、Amazonよりも結構高いにもかかわらず、ヤフオクで落札する人がいることを考えればそうなのでしょう。

 

あとは、中国輸入ビジネスに関して言えば、「ライバルが少ない」ということでしょうか。

 

どうしても、Amazonと比べると「ヤフオクは面倒だ」という印象がありますし、
実際は、FBAを利用した自動化など出来ませんからね。

 

外注さんを雇って仕組化するのにも、手間と時間がかかります。

 

以上のことから、ヤフオクを敬遠する人は多いようなので、
必然とライバルが少ない状態になります。

 

・ヤフオクのデメリット

ヤフオクのデメリットは、上記で既に述べましたが、

「自分で作業を行わなければいけない」

「仕組化するのにも、手間と時間がかかる」

という点ですね。

 

ここを乗り越えれば、ライバルが少ない状態で稼いでいくことが可能になります。

 

まとめ

どちらにも、メリットとデメリットはありますが、
それを理解した上で、両方を利用して欲しいと思います。

 

個人的には、副業で始める場合は、
まずAmazonのFBA販売を行い、ある程度の実績と慣れが出てきたら
ヤフオクの利用を始めるのがいいと思います。




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ