AMZScoutで中国輸入ビジネスのリサーチを効率化

 

こんにちは、久保です。

今回はリサーチに役立つGoogleクロームの拡張機能です。

「AMZScout」という拡張機能になります。

 

 

 

 

いつもながらですが、この拡張機能はGoogleクロームを使っていないと利用出来ません。

Googleクロームをまだ導入してない方は、まずクロームを導入して下さい。
クロームの追加はこちら

 

AMZScoutの使い方

 

まず、Chromeウェブストアにアクセスし、AMZScoutをダウンロードして追加して下さい。

Chromeウェブストア

 

「CHROMEに追加」をクリックして追加します。

 

 

 

 

AMZScoutの使い方です。

 

まず、Amazonで「ノーブランド」で検索します。

検索結果が表示されたら、クロームの右上にAMZScoutのアイコンが表示されているので、その部分をクリックします。

 

 

 

 

 

 

検索結果に表示されている商品について、
製品名、価格、最低価格、FBA手数料、販売者数、ランキング、レビュー数など
色々なデータが表示されます。

 

オプションで表示する項目を選ぶこともできます。

 

 

 

 

ランキングや販売者数、価格など、フィルターで表示させる商品の絞り込みもできます。

 

 

 

また、各商品の青文字になっている部分はクリックできます。
クリックした部分によって、いろいろな画面やデータが表示されます。

 

「製品名」をクリックすると、その商品ページが表示されます。

 

 

 

 

 

「純利益」または「FBA手数料」をクリックすると、利益計算機が表示されます。

 

 

 

また、商品のデータはCSVファイルでエクスポートして、保存することもできます。

 

ただ、CSVファイルは文字化けしてしまいます。

 

 

 

そこで、CSVファイルを右クリックして、メニューから

プログラムから開く – メモ帳

を選択して下さい。

 

 

 

 

そうすると、メモ帳でCSVファイルが読み込まれるので、そのままメモ帳のメニューで

ファイル – 名前を付けて保存

を選択します。

 

 


 

保存する時は、

ファイルの種類で「すべてのファイル」を選択し、
文字コードで「ANSI」を選択して下さい。

 

 

 

保存したCSVファイルをダブルクリックして開きます。

文字化けは無くなり、ちゃんと文字が読めるようになっています。

 

まとめ

クロームの拡張機能だけで、ここまで出来てしまうんですね。
便利な世の中になりました(笑)

 

AMZScoutには無料版と有料版があります。

今回ご紹介したのは無料版です。

まず無料版でいろいろ試してみて、気に入った場合は有料版を使ってみるのもいいと思います。




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ