やる気を出すために行動する

こんにちは、久保です。

やる気が無い時、どうしてますか?

やる気というのは、待っていても出てこないんですよ。

なので、やる気が無いからやらない、やる気が出たらやる、
のような感じでやってると、いつまでたってもやらないままです。

 

 

 

 

やる気がない時は、

「やる気が出るまで待つ」ではなくて、

「やる気を出すために行動する」が正解です。

 

そんな事言っても、やる気がないから出来ないんじゃん!!と思うかもしれませんね。
それはごもっともなんですが。

 

例えば、こんな経験はありませんか?

 

会社に行ったはいいけど、やる気がしない。
でも、今日中にやらなきゃいけない仕事があるので、
やる気が無いながらも、仕方がないのでトボトボ仕事し始めた。

気付いたら、いつの間にかエンジンがかかって、仕事に集中してた。

 

人間というのは、何かを始めると、いつの間にかそれに没頭しているものなんですよ。

 

会社にいる時は、やりたくなくてもやらなきゃいけませんよね?

締切があるし、あまりに遅いと上司から「あの仕事はどうなってるんだ?」と聞かれるでしょうし。

 

でも、中国輸入ビジネスは家でやりますし、誰の監視の目もありません。
締切もありません。やらなくても別に怒られたりするわけじゃありません。

 

なので、つい「やる気が無い・・・」となりがちです。

 

そこで、とにかく何かを始める事が大切です。

 

とりあえずAmazonのページを開く。

そこまでやったら、次はタオバオのページを開く。

次は、リサーチ管理用のエクセルを開く。

以下省略

 

このように、とにかく細かく分けて1個ずつやってみる事です。

 

そうすると、いつの間にか

「よし、ここまでやったらリサーチやるか」

という気になっているかもしれません。

 

大きくて重い球体があるとして、はじめはなかなか動かなくても、
何とか少し転がすことができたら、後は少しの力で転がせる、みたいな感じでしょうか。

 

やる気があるから行動する

ではなく、

行動するからやる気が出る(やる気を出すために行動する)

 

という事を覚えておいて下さい。




One Response to “やる気を出すために行動する”

  1. 谷本 より:

    やる気が出ないときの参考にします。何事も継続が大事ですね。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ