忙しいを言い訳にしない

 

こんにちは、久保です。

つい何かをできない、やらない言い訳として「忙しい」と言ってしまってませんか?

 

 

 

 

 

私が1番初めに依頼した、ある士業の人は最悪でしたよ。

私が電話をして、繋がらなくても折り返しの電話も無し。

 

やっと繋がった時に、「電話したんですけど」と言っても

「すいません、忙しくて・・・・」

こんな事が何回あったことか。

 

じゃ何ですか、私からの依頼は仕事じゃないんですかね?
一応、毎月の契約料を払ってるんですが。

 

その後、他の方に変えたのは言うまでもありません。

 

この、何かにつけて「忙しくて・・・」を理由にする人って、

 

自分で

「私は無能です」

と言ってるようなもんだと思うんですけどね。
ただ電話を掛け直すだけですよ。

 

そんなみっともない言い訳をしないで「すいませんでした」とだけ言っておけばいいのに。

 

中国輸入ビジネスを副業でやっているる場合、会社の仕事の状況次第では
なかなか時間が取れないこともあるかと思います。

 

そういう時に「時間がないからできない」と言ってやらないのか、
この状況でどうすれば中国輸入に使う時間を作れるか。

 

どう考えるかで、その先は変わっていきます。

 

例えば、電車通勤の場合、
ただ寝てたりスマホをいじったりしてないか。

 

そういう時間をインプットにあてれば、知識は吸収できますよね。

 

帰りが遅くて疲れてやる気がしないのであれば、
すぐに寝て、その分朝早く起きて時間を作る。

 

何かしら時間は作れるはずです。

 

ちなみに私の場合は、よっぽどの時を除いて、
残業は絶対にせず定時に帰るようにしてました。

過酷で知られるシステムエンジニアの仕事でしたが、
普通に定時で帰ってましたよ。

 

なんで他の人は月に1日すら定時で帰れないんだろう、と思ってました。

 

別に手を抜いて仕事をしてたわけでもありません。
むしろ、定時で帰るためにかなり集中してましたね。

 

他の人がタバコを1日に何本も吸ったり、
雑談して時間をつぶしている間。

 

一人だけ定時で帰ることにも、何の引け目も感じてません。
やることはやってましたし。

ダラダラ仕事してる方が悪い、くらいに思ってました(笑)

それと、どうせいつかは辞めるんだし、別に何と思われてもいいや、
と思ってました。

 

私の例は極端かもしれませんが、絶対にやらなきゃいけない、
と思ってれば、どうにかして時間は作れるはずです。

 

「忙しい」「時間がない」を言い訳にせず、
どうしたら時間を作れるか、ということを考えて下さい。

 

先延ばしにしても、いつまでも変わらない毎日があるだけです。




One Response to “忙しいを言い訳にしない”

  1. 谷本 より:

    忙しいという言い訳ってものすごく使いやすいし一番楽な選択だと思います。忙しい時にどうするかという思考を大事にします。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ