仕入れを怖がっていては先に進まない

 

こんにちは、久保です。

中国輸入ビジネスを始めたばかりの方、これからやろうとしている方には、色々な不安があると思います。

 

 

 

 

・商品はちゃんと届くのか

・偽物は届かないか

・売れなかったらどうしよう

 

色々な不安はあると思いますが、特によく聞くのが

「仕入が怖くてできません」

というものです。

 

気持ちは分かります。

 

ただ、中国輸入ビジネスは、物を売って稼いでいくビジネスなので、仕入をしないことには稼ぐ事は無理です。

 

また、自分の目標とする利益が多くなればなるほど、
必然的に仕入れる量も増えることになります。

 

仕入れが怖くてできない、というのは

「売れなかったらどうしよう」という気持ちが底にあるからだと思います。

 

私も、サラリーマン時代、
何人かの同僚には中国輸入ビジネスというものがある、
ということを教えました。

 

そこで必ず出てくる言葉が

「売れない商品が出てきたらどうするの?」

 

もちろん、しっかりリサーチしても売れない商品、売れたけど赤字の商品も出てきますよ。
絶対に外さないことはありません。

 

これはどんな上級者でも同じです。

 

でも、しっかりリサーチしていれば、トータルではプラスになるものです。
トータルでプラスになればいいじゃないですか。

こういうのを、木を見て森を見ない、と言うんですかね。

 

それに初めのうちは、プラスマイナスゼロ、
または多少の赤字でも全然いいと思います。

 

実際に仕入れて売る、という経験を得てますからね。

 

あとは、仕入れて売ってみた結果を分析して、
その後につなげていきましょう。

 

また、仮に失敗をしたとしても、いずれ情報発信を行った時に、
「自分はこういう失敗をした」と人に伝えることができます。

 

一番の失敗は、何も行動しないことです。

 

仕入れが怖いなら、まずは少額からでいいので
実際に仕入れてみて下さい。

 

無駄な飲み会をはじめ、浪費しているお金があるはずです。

 

そのお金を仕入れにつかえば、何てことはないのではないですか?
どうせ無駄遣いするはずのお金だったんですから。




One Response to “仕入れを怖がっていては先に進まない”

  1. 谷本 より:

    少額から始めて仕入れに慣れることから始めたいと思います。後、無駄なお金を使わないようにします。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ