中国輸入ビジネスはパソコンが使えないとできないのか?

こんにちは、久保です。

今回はマインドです。

私はもともとシステムエンジニアをやってました。
現在は、システムエンジニアを辞め、ネットビジネスだけで生きています。

 

 

 

 

で、知り合いとかによく言われるのが、

「久保さんはパソコンができるからね~。自分はパソコンはあまり使えないし・・・・」

「Amazonは使い方がよく分からないから・・・・」

というような内容です。

 

果たして、中国輸入ビジネスはじめネットビジネスはパソコンが使えないとできないのでしょうか?

まあ、パソコンを全く触ったことがない、最低限の操作もできない、
という場合はもちろんできないとは思いますよ。

 

ただ、私の知人など、ほとんどの人がいう「パソコンはあまり使えない」というのは、
十分に使えているレベルであることがほとんどです。

 

普通に会社でパソコン使って仕事しているらしいですからね(笑)

 

何か、システムエンジニア = 高度なパソコンの使い方を知っている
と思われているようですが。

そんなことは全くありませんよ。

むしろ、私なんかは、エクセルはあまり使いこなせない方です(笑)

 

今でも、「エクセルにはこんな便利な機能があったんだ。もっと早く知ってたらよかったな」
というレベルです。

 

ワードにいたっては、もっと使いこなせません。

普通の人はワードで作成するような文書でも、
無理やりエクセルで作っています(笑)

 

なので、普通にパソコンを使える、
インターネットをみたり、掲示板に書き込んだり、
インターネットで買い物をしたり、メールの送受信、SNSの利用など。

とりあえず、それくらいできれば十分なんじゃないかと思います。

 

そもそも、誰しも初めからパソコンなんか使えませんし、
Amazonの使い方だって知っているわけがないです。

ネットビジネスで稼いでる人も、全員システムエンジニアなわけではありません。

当たり前です。

 

私も、パソコンすら触ったことが無い状態で、
システムエンジニアになりました。

パソコンのパの字も知らないので、プログラムどころじゃないわけで、
初めの方は地獄のような毎日でした。

でも、その状態からパソコンの使い方とプログラムを覚えていきました。

 

なので、「誰しも初めからパソコンが使えたわけじゃないよな。じゃ、使えなかったら自分も覚えていけばいいんだ」

と考えればいいのですが、決してそうは考えないわけです。

 

「自分はパソコン使えないから・・・」

その一言で済ませてしまってるわけですね。
しかも、ネットビジネスをやるには十分ならくらい使えてるのに(笑)
非常にもったいないと思います。

 

まあ、はじめから挑戦すらしないための言い訳を作ってるんですよ。

 

「パソコンが使えない」と思ったなら、パソコンの使い方を覚えればいい、と考えて覚えていく。

 

ネットビジネスをやっていくうえでも、壁にぶつかったりした場合は、
そのように考えてやっていって下さい。

 

そもそも、パソコンの使い方もそうですが、ネットビジネスの内容も
やってることはそんなに難しいことはないと思います。

 

受験の方がよっぽど大変だと思いますよ。

今思うと、よくあんな5教科もやってたよな、と思います(笑)

 

しかも、競争相手がいるじゃないですか。
自分より点数が高い人が多くいて定員から漏れたらおしまいです。

 

ネットビジネスは別に人との競争ではありませんからね。

自分が月に3万円も収入が増えればそれでいい、
と思えば、それでいいわけです。

 

まとめ

長い割には何を言いたいのかわからない状態になってしまいました(笑)

 

中国輸入ビジネスなど、ネットビジネスをやっていて、
壁にぶつかることはあると思います。

 

その時は、「どうせ自分は○○だから・・・・」

と決めつけてすぐに諦めるのはやめましょう。

 

100メートルを9秒台で走る、というような
努力だけでは絶対に達成できないようなこととは違うんです。

 

よっぽど間違ったことをやり続けない限り、
やってる限りは稼げるようになります。

 

どうすればできるようになるか?
ということを考え、うまくいかない原因を探し、
1つずつ改善していきましょう。

 

よかったら、一人で悩まず私に相談いただいても構いませんよ。




One Response to “中国輸入ビジネスはパソコンが使えないとできないのか?”

  1. 谷本 より:

    思い込みって怖いと感じました。自分を否定せずに知らないなら調べる、できないならできる方法を考える姿勢で頑張ります。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ