中国輸入ビジネスでAmazonサジェストを使いキーワード収集

こんにちは、久保です。

今回は、サジェスト機能というものについて解説します。

サジェスト機能を使えば、キーワードを効率よく集めることができます。

 

 

難しいことは何もないので、サジェスト機能の使い方を覚えて下さい。

 

サジェスト機能

 

まず、サジェスト機能というのは何かというと、
実際に例を見ていただいた方が早いと思います。

 

例えば、Amazonの検索欄に「帽子」と入力すると、
以下のような表示になります。

 

 

「帽子」というキーワードに他のキーワードがくっ付いたものが表示されました。

これは、Amazonでよく検索されているキーワードになります。

 

このような検索候補を表示する機能を、
サジェスト機能と言います。

 

このようにして、よく検索されているキーワードを集めて行きます。

 

また、単に「帽子」と入力した場合と、「帽子+スペース」と入力した場合では、
サジェストの結果も変わってきます。

 

帽子+スペースと入力した場合

 

 

なので、必ず、キーワード単体とキーワード+スペースの両方で調べ、
多くのキーワードを集めるようにして下さい。

 

また、サジェストに表示されたキーワードで、
さらにキーワードを集めていきます。

 

「帽子 メンズ」と入力

 

 

もちろん、「帽子 メンズ」+スペースでも調べて下さい。

 

このようにして、多くのキーワードを集めることができます。

ただ、このサジェスト機能では、全ての検索候補が表示されるわけではありません。

 

そこで、Amazonサジェストのツールを使います。

アマゾンサジェスト キーワード一括DLツール

 

 

 

全部で537件のサジェストが取得できました。
上図の検索結果は、一部です。

 

また、検索結果の左の+マークをクリックすると、
さらにそのキーワードを基にした候補が表示されます。

 

取得結果はCSVファイルに保存しておくことができるので、
何度も検索する必要が無く、保存しておけばそこからじっくり
キーワード収集ができます。

 

まとめ

 

このようにして、キーワードを集めて下さい。

 

集めたキーワードは、どのように使うのかと言うと、
新規出品する際の、商品タイトル、内部キーワード、商品仕様、商品説明に
記載するキーワードとして使用。

 

または、Amazonスポンサープロダクト(広告)で、
マニュアルターゲティングで追加するキーワードとして。

 

以上が主な使い方になると思います。

 

また、Amazon以外にも、

楽天ショップ、ヤフオク、ヤフーショッピング、Google検索
などでも同様にサジェスト機能がありますから、
そこからも収集してみて下さい。

 

以下のキーワード取得サイトも利用して下さい。

共起語検索調査ツール
Weblio
keygram
cotoha.com
KOUHO.jp

 

また、サジェストを集めるための、
Google Chrome用の拡張機能もあります。

こちらも使ってみて下さい。
サジェストを集める拡張機能




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ