中国輸入ビジネスの外注化について

こんにちは、久保です。

今回は、中国輸入ビジネスの外注化についてお伝えします。

ある程度一通り自分で作業を行い、
慣れてきたら、作業を外注化しましょう。

 

 

 

外注化について

 

何を外注すればいいのか、ということですが、
基本的には、自分でやらなくていい作業は全てです。

 

操作マニュアルなどを渡せば誰にでもできる作業は、
他の人に任せましょう。

 

その分空いた時間で、あなたにしか出来ない作業を行います。

 

例えば、

 

・販路を増やして、
そちらでの販売を開始する。
(これも慣れたら外注化する)

 

・海外への輸出ビジネスを始める。
(これも慣れたら外注化する)

 

・情報発信を始め、ブログの記事を書く。

 

など。

 

たまに、

「自分は中国輸入が好きだし、自分で作業するのが好きだから」

という方がいますが、収入源は複数持っていた方がいいです。

 

全く健全に中国輸入ビジネスを行っていたとしても、
絶対にアカウント停止にならない、という保証はありません。

 

そうなった場合、一気に収入がゼロになることになります。

 

そうならないよう、複数の収入源を持ち、
そちらも外注化できたら、また自分で中国輸入の作業をやればいいと思います。

 

作業を細分化して外注化する

 

「自分でやらなくていい作業は外注化しましょう」

と述べましたが、その際、作業はなるべく細分化した方がいいと思います。

 

例えば、

リサーチ、出品作業、FBAへの納品という作業があったとして、

これらを1人に任せてしまうと、

その外注さんが体調を崩して作業できなかったり、

外注さんが仕事を投げ出して逃げたりした場合。

 

一気に作業が止まってしまい、
次の外注さんが見つかるまで、業務が停止状態になるか、
または全てを自分でやらなければいけなくなります。

 

各作業を1人ずつ、計3人に任せておけば、

どこかで穴が開いても、一時的に自分で作業をやる範囲は少ないです。

 

任せる人が多くなれば、その分管理は大変になりますが、
いざという時のことを考えて、細かく分けて外注した方がいいと思います。

 

外注を募集するサイト

 

Indeed

シュフティ

ランサーズ

クラウドワークス

@SOHO

ココナラ

 

これ以外に、求人広告やハローワークに募集を出す方法もあります。

 

まとめ

 

ちなみに、外注さんはよく逃げます。
逃げるのが当然、くらいに思っていた方が、
いちいち自分が傷つかなくて済みます(笑)

これは覚えておいて下さい。

 

それだけに、信頼できる、よくやってくれる外注さんに出会った時は、
大切にして下さい。

 

また、ビジネスを始めたばかりのうちから自分がラクをしようとして
外注化を考えてはいけません。

 

自分がやり方も分からないのに、
外注さんに指示できるはずもありません。

 

また、外注さんが作業できない場合や逃げた時に、
自分で作業できないと、フォローのしようがありません。

 

必ず、いざという時に自分で作業できる状態にしてから、
外注化を進めていって下さい。




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ