中国輸入ビジネスの季節商品で売り上げアップ

こんにちは、久保です。

中国輸入ビジネスでは、季節やイベントを意識して
それに合った商品を扱う事で、売上アップを狙う事ができます。

 

 

当然、1年中扱えるものではないのですが、
季節商品をうまく利用することにより、
資金を増やし、次の仕入れに活用していく、
ということも検討してみて下さい。

 

売れる季節商品

 

常に季節ごとにイベント、行事を先読みし、
ある程度前、大体2、3ヶ月くらいですかね、
それくらいからそのイベント、行事に合った商品を取り扱う事で、
売上アップを期待できます。

 

例えば、サンタクロースのコスプレは
クリスマスシーズンにしか売れません。

 

冬に水着を販売しても売れることはほぼありません。

 

季節を意識して仕入を行って下さい。

 

各季節の主なイベント、行事は以下の通りです。

 

1月 正月 成人の日
2月 バレンタイン 節分
3月 ひな祭り 卒業式
4月 新生活 入学 花見
5月 GW こども・母の日
6月 父の日
7月 七夕 お中元
8月 お盆 夏休み
9月 15夜
10月 ハロウィン
11月 七五三
12月 クリスマス

 

このように、毎月のように何かしらの
イベント、行事があります。

 

これを意識するだけで、かなり売り上げがあがります。

 

2か月くらい前から仕入れて準備しておきましょう。

 

ただ、そのイベント、行事が終わると
ほとんど売れなくなりますので、
無駄な在庫になってしまわないよう、
仕入数には注意して下さい。

 

また、Amazonでは30日間の返品が可能になってますので、
そのイベントが終わったら返品してくるような購入者も中にはいます。

 

その辺りのことも想定しておいて下さい。

 

まとめ

 

季節商品は売り上げのアップを期待できると同時に、
若干のデメリットも存在します。

 

とはいえ、かなりの売り上げアップを期待できるので、
メリットとデメリットをよく検討し、
季節商品を扱ってみようと思った場合は、
大きく稼いでみて下さい。




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ