Amazonでユーザー権限を設定する方法

こんにちは、久保です。

 

中国輸入ビジネスでは、
いずれは作業を外注化していくのがよいでしょう。

 

自分でやらなくてもいいこと、
やり方を説明さえすれば誰でもできることは、
自分でやらない。

 

 

自分は、代わりに人にやってもらうことができない作業に時間を使う。

 

このようにすることで、売上を伸ばしていくことができます。

 

Amazonで、外注さんに作業をしてもらう方法をお伝えします。

 

ユーザー権限の設定方法

 

外注さんにAmazonで作業を行ってもらうには、
Amazonにログインしてもらう必要があります。

 

だからと言って、アマゾンのログインIDとパスワードを
そのまま教える必要はありません。

 

むしろ、非常に危険なので教えてはダメです!!

 

Amazonには「ユーザー権限設定」という便利な機能があります。

これを使えば、必要な権限だけを外注さんに与える事ができます。

 

Amazonからの売上が入金される銀行口座を勝手に変更されたり、
いくら売り上げがあるか、見られたりする心配は不要になります。

 

それでは権限の設定方法を見ていきましょう。

 

セラーセントラルの右上のメニューから、

設定 – ユーザー権限

を選択します。

 

 

 

権限を与えたい外注さんのメールアドレスを入力し、
「招待メールを送信」をクリックします。

 

 

 

外注さんが登録を完了したら、「編集」をクリックします。

 

 

 

外注さんに与えたい権限のみを選択して下さい。

 

※注意事項:設定 – ユーザー権限は、必ず「なし」にして下さい。

 

この権限を与えてしまうと、
スーパーユーザーとなってしまい、
主アカウントと同じ扱いになってしまいます。

 

そのユーザーの利用状況によっては、
アカウント停止などの危険が高まりますので、
この項目は必ず「なし」にして下さい。

 

 

以上が、Amazonのユーザー権限設定方法です。

 

まとめ

 

どの権限を与えればいいか、
よく分からない場合は、家族や自分の別のメールアドレスに送り、
登録して試してみるといいと思います。

 

自分のアカウントにログインさせるのは
不安かもしれませんが、
余計な権限を与えないようにすれば大丈夫です。

 

外注化をしなければ、いつまでも自分で作業することになります。

 

自分でやらなくてもいい作業を洗い出し、
そのような作業は人にお願いしていくようにしましょう。




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ