中国からのFBA直送のデメリット

こんにちは、久保です。

 

別記事で中国輸入ビジネスにおける、
FBA直送のメリットについて、記載しました。

 

 

まだ読んでない場合は、まずはそちらからお読み下さい。

中国からのFBA直送のメリット

 

非常にいいことずくめのように思えますが、
今回はFBA直送のデメリットについて、考えてみたいと思います。

FBA直送のデメリット

  • その1 商品の状態を確認できない

当然ですが、FBA直送は中国からFBA倉庫に直接商品が送られることになりますので、
あなたが商品の状態を確認することはできません。

 

検品がお粗末な代行会社や、
日本の品質基準がよく分かっていないパートナーに送ってもらった場合、
箱がボロボロ、または商品が壊れている、など、
とても販売できる状態ではない可能性もあります。

 

当然、クレームや悪い評価が入ってしまう原因になります。

 

  • その2 商品ラベルを間違って貼っている

人間が行う作業なので、当然このような間違いが発生する可能性はあります。
実際、私も何度かこのような場面に遭遇しました。

 

商品数が多ければ、ラベルの貼り付け作業も増えます。

 

また、同じ色でサイズ違い、
同様の非常によく似た商品、
などがある場合も、貼り間違えが起こる可能性は高くなります。

 

さらには、購入者から「説明と違う商品が届いた」
などと通報されると、1発でその商品自体の出品が停止されることもあります。

 

最悪の場合、アカウント自体が停止になる危険性もあります。

 

  • その3 こちらの意図通りに納品されない

例えば、2つ以上の商品を組み合わせ、
セット商品としている場合。

 

セットにして納品して欲しい旨を伝え漏れたり、
伝えても中国側で漏れが発生したり。

 

これも、デメリット2のラベル貼り間違えのように、
「説明と違う商品が届いた」となる可能性があります。

 

  • その4 FBA直送の教育に時間がかかる

FBA直送を行っている代行会社ではなく、パートナーにお願いする場合、
FBA直送のやり方を1から説明する必要があります。

 

スカイプで話したり、場合によっては
エクセルや動画などで説明のマニュアルを作る必要があるでしょう。

 

また、すぐにこちらの希望通りにやってくれる可能性は低いと思うので、
一通り作業を行ってもらったら、まず自分のところに送ってもらい、
ラベルの貼り方などを確認する必要があります。

 

このように、FBA直送のやり方を教えるのに、
時間がかかることがデメリットになります。

まとめ

別記事、中国からのFBA直送のメリット
と今回で、FBA直送のメリット、デメリットを見てみました。

 

FBA直送を使うと、かなりの部分を自動化できますし、
非常に便利で楽なのですが、逆に、クレームが増えたり、
アカウントが汚れる原因にもなります。

 

そこで、全くの初心者がいきなりFBA直送を利用するのは
おすすめしません。

 

まずは、自分の自宅に商品を送ってもらい、
中国商品がどのようなものか確認する。

 

自分で検品を行えば、商品によって、
どこを検品すればいいか分かりますし、
代行会社やパートナーに、重点的に検品して欲しい部分も伝えることができます。

 

梱包状態も確認し、
改善点などあれば伝えることもできます。

 

このように、まずは自分の手元に商品を送ってもらい、
直送の際に注意して欲しい点をお願いできるようにしてから、
FBA直送を利用するのがいいと思います。




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ