中国輸入ビジネスで不良品の発生を防ぐには – その2

こんにちは、久保です。

 

今回も、中国輸入ビジネスで不良品を出さないために
注意すべき点をお伝えします。

 

今回は、商品ジャンル毎に、
どのような不良品が多いのか、という観点から
お伝えします。

 

別記事、中国輸入ビジネスで不良品の発生を防ぐには – その1
でも伝えましたが、不良品を販売してしまうと、金銭的に損するだけでなく、
購入者とのトラブルにもなってしまうため、
可能な限り避けるように対策をしましょう。

 

気を付けるべき点のジャンル例

 

  • 衣類などのアパレル商品

中国から仕入れるアパレル商品は、
糸のほつれが多い、しっかりと縫われていない、
などの製品が非常に多いです。

 

特に安いものほど要注意です。

 

また、サイズ感も日本とは異なります。
小さいことが多いです。

 

中国のXLサイズが、日本でのMサイズ相当、
もしくはそれよりも小さい、なんてことはザラです。

 

あとよくあるのが、ジーンズのボタンホール(ボタンの穴)が開いてない、
というものです。

 

中国のパートナーに聞いたところ、
中国ではジーンズは自分でボタンの穴を開けて履くものだそうです。

 

アパレルを仕入れる場合は、アマゾンのレビューを参考にし、
低評価が多いものの仕入は避けるようにしましょう。

 

  • 家電類

中国商品の家電関係は、作りがお粗末なのはもちろんですが、
それよりも、爆発が怖いです。

 

たまに、中国製の商品が爆発した、
というニュースを見ますよね。

 

仮に、中国商品の不具合により、
購入者が怪我などをしても、仕入れて販売したあなたの責任になります。

 

さすがに、ここは代行会社などの検品で、
網羅しきれない部分でもあります。

 

個人的には、家電類は仕入れない方がいいと思います。

 

  • プラスチック製の商品

中国の運送業者が
荷物をどのように扱ってるか、見たことはありますか?

 

当たり前のようにダンボールをぶん投げたり、
足で蹴飛ばしたり、ダンボールの上に座ってたり・・・・

 

はじめてYoutubeで見た時は、
ポカーンとしてしまいました。

 

まあ、日本でも某急便が
荷物をぶん投げている動画が公開されて、
騒ぎになったこともありますが。

 

そういうわけで、プラスチックの商品は、
日本に届くまでに、割れてしまうリスクがあります。

 

品質自体も、やはり劣りますしね。

 

代行会社の検品でOKでも、
その後に壊れてしまったらどうしようもないので、
これもできれば避けた方がいいと思います。

 

  • LED商品

これも家電類に近いですが、
結構不良品は多いです。

 

1部が点灯しない、2日経ったら点灯しなくなった、など。

 

LED関係も注意しましょう。

 

まとめ

以上、いくつかのジャンルを挙げ、
どのような不良品があるのか、述べてみました。

 

まあ、これ以外のジャンルでも、
不良品は出てくると思います。

 

仕入れる前に、Amazonの商品ページのレビューを見て下さい。
評価が悪いものは仕入を避ける。

 

たまに、レビューの評価が悪くても、
普通に売れ続けているものもありますけどね。

 

そういうものを仕入れるかどうかは、
ご自身で判断して下さい。

 

利益が取れるのにもったいない、と思うかもしれませんが、
個人的には止めておいた方がいいと思いますね。




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ