中国輸入ビジネスで仕入れに使うタオバオとアリババの違い

こんにちは、久保です。

 

今回は、中国輸入ビジネスの主な仕入先である、
タオバオとアリババの違いについて、お伝えします。

 

中国輸入では、主にタオバオを仕入れ先に使っている人が多いと思います。
むしろ、タオバオしか見ない、という人も多いです。

 

アリババを使うことにより、もっと安く仕入れる事ができる商品が多いです。
どうせ仕入れるなら、安く仕入れましょう。

 

タオバオとアリババの主な違い

タオバオはこちら

アリババはこちら

 

タオバオは日本で言うと、ヤフオクのようなもので、
誰でも出品できます。

 

ということで、自分が仕入れた金額に、
利益分を上乗せして売っているセラーが多いので、
当然、アリババよりも値段は高くなりがちです。

 

アリババは基本的に、ある程度のロット数からの仕入れになるので、
安いとは言っても、資金の少ない人や、初心者には利用しづらいかもしれません。

 

ただ、私が中国輸入を始めた頃と比べ、
最近では小ロット、それこそ、1個からの購入も可能なところが多いように思います。

 

ただ、安いのはいいのですが、
写真と違った商品を送り付けておきながら、
「品質の問題ではない」と言って、返品を受け付けなかったり、
返品する際の送料はこちらの負担、
などのようなショップも、たまにあります。

 

このあたりは、代行会社やパートナーに
購入前に確認してもらう必要があります。

 

また、発送が遅いショップもありますので、
このあたりについても、購入前に確認するようにして下さい。

 

また、タオバオで検索していると、
よく「天猫 TMALL.COM」というサイトを見ることがあると思います。

 

天猫はこちら

 

何と読むのか分からないので、
私は自分の中で勝手に「テンネコ」と呼んでいます(笑)

 

こちらは、タオバオやアリババよりも商品の品質がいいものが多いですが、
その分価格も高いことが多いです。

 

まとめ

 

タオバオからの仕入れだけで利益を出すこともできますが、
どうせ同じ商品を買うなら、安く仕入れた方がいいです。

 

もちろん、品質との兼ね合いもありますが。

 

物販は安く仕入れる事が大事ですし、
安く仕入れることができれば、その分有利になります。

 

中国輸入を始めたばかりの頃は、
タオバオを見るだけでも大変でしょうから、
まずはタオバオからの仕入れだけでもいいです。

 

ある程度慣れてきたら、アリババや他のサイトなど、
もっと安く仕入れることができるサイトも利用してみて下さい。




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ