中国輸入ビジネスでバリエーションの売れ筋を推測する

今回は、バリエーション商品において、
どのバリエーションが売れているのか、推測する方法をお伝えします。

 

 

 

 

中国輸入ビジネスに限らず、
Amazonで売れている商品の判断方法として、
モノレートでの判断方法をお伝えしました。

モノレートで中国商品の仕入れ基準を判断する

 

モノレートで、ランキングの変動を確認すれば、
売れている商品かどうか判断できます。

 

ただ、モノレートでは判断できない商品もあります。
バリエーション商品がその例です。

 

バリエーションとは

バリエーションとは、サイズやカラーの選択肢のことです。

 

例えば、以下の商品では、
サイズと色のバリエーションが展開されており、
サイズは21.5cm ~ 25cm
色は、ブラック、グレー

8 × 2 = 16種類のバリエーションがあることになります。

 

 

 

 

そして、この商品をモノレートで見た時の、
ランキングの推移グラフです。

 

 

 

Amazonで表示されているランキングは、
全部のバリエーションを含めた全体のランキングとなりますが、
モノレートでのランキング変動も、
同様にサイズやカラー全体を含めたランキングとなります。

 

今回の商品は、色のバリエーションも2つのみで
そんなにバリエーションは多くないです。

 

ただ、色が5種類も10種類もある商品では、
必ず人気のある色、サイズと
人気のない色、サイズが出てきます。

 

全部のバリエーションを仕入れるわけにも行きませんよね。

 

そこで、どのバリエーションが売れているのか、
ある程度推測する目安があります。

 

 

それは、

  • 商品レビュー
  • 出品者数

をチェックすることで見えてきます。

 

 

商品レビューから売れているバリエーションを推測

売れている商品であれば、商品レビューがついていることが多いです。

 

そして、商品レビューには
どのサイズ、色を購入したのか、
記載されている場合が多いです。

 

例えばこの商品、
色のバリエーションが13個もあります。

 

 

 

 

この商品のカスタマーレビューです。
レビューを投稿した購入者が、
どのバリエーションを購入したのか、表示されています。

 

 

 

 

このカスタマーレビューをチェックしていけば、
購入者に人気のあるバリエーションをある程度判別できます。

 

 

ただ、レビューが少ない場合は、
推測が難しいかもしれません。

 

その場合は、出品者数から
ある程度推測します。

 

出品者数から売れているバリエーションを推測

やはり、売れているサイズや色には、
出品者数も多くなってくる傾向もあります。

 

そりゃそうですよね、売れないサイズ、色のものは
扱いたくありませんし。

 

そう考えると、より多くの出品者がいるバリエーションが、
売れていると推測できます。

 

まあ、逆に全く売れないので出品者数が全然減らずに多くなっている、
という見方もありますが。

 

ここは素直に、出品者数が多い = 売れているバリエーション
と考えていいと思います。

 

まとめ

このように、カスタマーレビューや出品者数から、
どのバリエーションが人気があるのか、
推測することができます。

 

まずは売れる色、サイズを扱い、
売れる商品と分かったら、徐々にバリエーションを増やしていけばいいと思います。




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ