XStock3で中国輸入ビジネスのライバルセラー在庫数を簡単チェック


今回は、中国輸入ビジネスに役立つ、
Googleクロームの拡張機能をご紹介します。

 

今はこんな拡張機能まであるんですね~、
と勝手に感動しています(笑)

 

 

今回紹介するのは、
ライバルセラーの在庫数を把握することができる「XStock3」です。

 

この拡張機能を使うにはGoogleクロームが必要なので、
まだインストールしていない方は、こちらを参考にして、
まずクロームをインストールして下さい。

Google Chromeのダウンロードと拡張機能で中国輸入を効率化

 

 

XStock3を追加する

 

まず、Chromeウェブストアを開いて下さい。

Chromeウェブストア

 

左上の検索ボックスに
「XStock3」と入力してEnterキーを押して下さい。

 

 

 

 

「CHROMEに追加」を押して、拡張機能を追加して下さい。

 

 

 

XStock3が追加されました。

 

 

 

この商品を例に見てみます。
「新品の出品」という部分をクリックします。

 

 

 

 

この商品を扱っているセラー一覧に移動しますが、
各セラーの在庫数が表示されています!!
すごくないですか?(笑)

 

 

 

 

在庫数の数字の部分をクリックすることで、
このようなグラフを表示することもできます。

 

 

 

 

これで各セラーの在庫数を把握すれば、
自分もどれくらい仕入れればいいか、目安になりますよね。

 

 

各セラーが大量に在庫を持っていれば、
それだけ売れる商品であろう、という目安にもなりますし。

 

 

あとは、1日おき、2日おき、と
定期的に数をチェックし、エクセルにでも記録しておけば、
在庫の減少数から実際にどれだけ売れているか
正確な数を知ることができます。

 

 

ちなみに、XStockで在庫数を見る場合は、
FBA出品者の在庫数を見るようにして下さい。

 

 

自社発送の場合、自分で在庫数を増やしたり減らしたりできるので、
売れて在庫が減ったのか、自分で減らしたのか、
あまりあてにならないと思います。

 

FBAの在庫であれば、実際に商品を追加納品したり、
売れたりしなければ、在庫数を自分で変更できませんからね。

 

 

別記事で、在庫数を手動で確認する方法をご紹介しましたが、
手動で行うのと比べると、かなり作業の負担が減りますね。

まとめ

このように、中国輸入ビジネスを効率化してくれる拡張機能がいろいろあります。

 

他に便利な拡張機能があれば、随時お伝えしていきます。

 

あなたも便利な拡張機能を見つけた時は、
ぜひ私にも教えて下さい。




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ