中国輸入ビジネスで商標権を確認する方法

今回は商標権に関してご説明します。

 

中国商品であっても、条件によっては
そのページで同じ商品を販売することが出来ません。

 

 

 

条件は色々あるのですが、その1つが
商標権が取得されている場合です。

 

商標権が取得されている商品を同じページで販売してしまうと(相乗り出品と言います)、
出品の削除、アカウントの停止・閉鎖、刑事問題への発展、
など、問題が発生してしまう可能性があります。

 

出品の削除ならまだ軽い方ですが、
その他の場合は大問題ですよね。

 

なので、商標権が取得されているかどうかは、
しっかり確認しましょう。

 

商標権の確認方法

商標権は、以下のサイトで検索します。

特許情報プラットフォーム

 

 

例として、以下の商品の商標を確認してみます。

 

 

 

 

Amazonの場合、商品名の上下にある青い文字と、
商品名の先頭に記載されているものが、ブランド名となります。

 

 

 

この場合、「R-port」で調べます。

 

 

 

 

特許情報プラットフォームの検索用ボックスに
「R-port」と入力して、検索をクリックします。

3件ヒットしました。

 

 

 

 

件数の部分をクリックすると、検索結果一覧になります。

ここで、青い文字の部分「出願/書換/登録番号」というところをクリックすると、
登録情報を見ることができます。

 

 

登録情報の中に、Amazonの商品と内容が一致するものがありました。

 

「R-port」という商標は、第25類の被服で取得されているので、
この商品は出品しない方がいいです。

 

このようにして、
商標が取得されているかどうか調べて下さい。

 

注意点

商標を検索する際、検索文字列の入力にルールがあります。

 

例えば、「スペースを含む場合はスペースを削除する」など。

 

このルール通りに入力しないと、
正しく検索できないので、注意して下さい。

 

入力ルールは、ヘルプに載ってますので
しっかりと確認して下さい。

 

 

 

 

また、以下のようなものにも注意して下さい。

 

 

 

これは、「プチドフランセ」で検索しても、
「Petit etc Francais」で検索しても、
検索にヒットしません。

 

(プチドフランセ)Petit etc Francais

で検索するとヒットします

※間のスペースは削除して下さい。

 

 

あとは、Amazonのブランド名が半角文字で登録されているにも関わらず、
半角文字で検索してもヒットせず、
全角文字で検索するとヒットする、
というものもあります。

 

ABC → × (ヒットせず)

ABC → ○ (ヒットする)

 

上記のようなものもありますので、
念入りにチェックしましょう。

 

 

また、商標が後付される場合もあります。

 

初めて出品する時は商標登録されていなかったのに、
数か月後に商標登録されていた、ということも多々あります。

 

1度チェックしたからと安心せず、
長期に渡って出品するものは、定期的にチェックしましょう。

 

知的財産権

商標権が取得されていなくても、
知的財産権で保護されているものもあります。

 

例えば、アニメ関連の商品やフィギュアです。

これらははじめから扱わないようにしましょう。

 

他に多くの人が扱っているから、などという理由では
絶対に扱わないで下さい。

 

他に利益が取れる商品はたくさんあります。

 

まとめ

商標の検索は面倒に感じるかもしれません。

 

特に、上記の「注意点」のセクションで書いたように
普通に検索していてはヒットしないようなものもあります。

 

ただ、ここをちゃんと確認しておかないと
後で大変なことになる可能性があるので、
手を抜かずにしっかりと確認しましょう。




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ